学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

メーカー業界

電子・電気・ OA機器(その他電子・電気関連)の業界地図

OA機器は日本企業が高い競争力を持ち、海外展開も活発だが課題もある。蓄電池や信号機などの機器は堅調に推移している。

OA機器

キヤノン

事務機器のほか、デジタルカメラなども展開する最大手

55.3%出資

レーザープリンターエンジンをOEM製造

リコー

複合機や商用印刷機が主力。在宅勤務支援サービスに力

東芝テック

POS端末で国内首位。海外をメインに複合機も展開

ブラザー工業

プリンター、複合機がメイン。産業機械にも注力

京セラドキュメントソリューションズ

京セラグループの複合機、プリンターなどのメーカー

日本HP

プリンターとパソコン事業に特化。アメリカの子会社

沖電気工業

略称「OKI」。プリンターなどのほか通信機器も展開

蓄電池

ジーエス・ユアサコーポレーション

車載用、産業用蓄電池の大手。リチウムイオンに注力

FDK

蓄電池、乾電池がメイン。富士通の子会社

日本ガイシ

電力用ガイシで世界一。独自の蓄電池も量産

信号機

日本信号

鉄道・道路信号の最大手。ホームドアなどを強化

オムロン ソーシアルソリューションズ

オムロングループで交通・鉄道向けシステムの製造販売

京三製作所

鉄道・道路信号、電源装置などを展開。海外事業強化

大同信号

JR向けが主力。列車制御装置、監視システムなども展開

電子・電気・ OA機器(その他電子・電気関連)業界の企業情報

電子・電気・ OA機器(その他電子・電気関連)業界の「現在」と「未来」

OA 機器の需要は頭打ち傾向。求められる新分野・新事業

複写機・複合機などのOA機器の出荷額は、ビジネス機械・情報システム産業協会(会員企業)によると2019年は1兆5,954億円だった。同年からページプリンター(2,394億円)を統計に追加したため前年との比較はできないが、プリンターを除くと同7.6%減となる。このうち、海外向けが77%を占める。ファクシミリやスキャナーなど多機能の複合機の登場によって需要を開拓してきたが、最近は世界的にペーパーレス化が進み、出荷は頭打ち傾向。得意の画像処理技術などを生かした新分野、新事業の開拓が求められる。

リチウムイオン電池は好調。信号機は周辺技術の開発が進む

電池工業会によると、19年の電池生産額は、前年比2.3%減の8,251億円だった。このうち、携帯電話や自動車などに使われるリチウムイオン電池は4,042億円と、半分近くを占める。今後も自動車の電動化が進むことから、安定した成長を続けそうだ。

一方、信号機市場は、海外市場開拓や交通信号のLED化に加え、鉄道信号でもホームドアや自動列車運転装置など周辺技術の開発が進み、こちらも安定した市場となっている。

データで見る業界のポイント

事務用機械(OA機器)生産額推移

事務用機械(OA機器)生産額推移
「生産動態統計」(経済産業省)2020年

※掲載基準について

  • 業界の分類は、マイナビ2023の業種分類に沿っています。売上高については、2020年9月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。

    出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。

    原稿作成期間は2020年7月1日から10月31日です。

業界地図

ページTOPへ