学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

メーカー業界

印刷・事務機器・日用品の業界地図

印刷業はネットの普及などで新規事業開拓が必要だ。文具・事務用品は高機能化などにより、海外需要の開拓に成功している。

印刷

凸版印刷

印刷技術を核に電子材料、包装材などを展開

トッパン・フォームズ

データ印刷サービスが主力。ICカードなども手掛ける

69.7%出資

60.7%出資

再生医療向け超低温輸送システムで提携

共同印刷

商業印刷の老舗。ICカードや包装材などに多角化

共立印刷

商業印刷を手掛ける。DM、カタログ印刷に強い

100%出資

5%出資

2.2%出資

図書印刷

出版印刷、学校向け印刷物に加え、情報関連事業を展開

印刷直販

プリントパック

インターネットを窓口にして自社設備で印刷

ラクスル

ネットで全国の印刷工場を結び仲介。運送仲介も展開

総合文具・事務用品

コクヨ

事務用品の最大手。オフィス家具用品の通販も展開

プラス

文房具、事務用品に加え、オフィス家具も展開

パイロットコーポレーション

ボールペンが主力。「消せるボールペン」がヒット

マックス

ホチキスに強い。結束機など産業用機器が主力

ナカバヤシ

ファイル類、アルバムに強み。シュレッダーなども販売

三菱鉛筆

ボールペン、鉛筆など筆記具大手。ネット販売も強化

キングジム

ファイル類に強み。ラベル作成機、電子文具も展開

100%出資

ラベルライター特許実施許諾料支払い

印刷・事務機器・日用業界の「現在」と「未来」

ネットの普及で減少傾向。IT化進展は新事業のチャンス

経済産業省の工業統計によると、2018年の印刷・同関連業の製造品出荷額は前年比4.9%減の4兆8,280億円だった。書籍・雑誌などの出版印刷、カタログ・チラシなどの商業印刷とも、インターネットの普及などにより減少傾向だ。日本印刷産業連合会によると、業界の98.5%が従業員100人未満の中小企業だ。印刷大手は液晶や半導体、パッケージ包装、ICカードなどに多角化し、海外展開も活発だ。IT化の進展により苦境にある一方で、逆に電子受発注など中小企業にとってもチャンスとの見方もある。

文具・事務用品市場は4,500 億円。大手の海外展開進む

文具・事務用品市場は堅調に推移している。民間調査会社によると、国内の文具・事務用品市場は約4,500億円としている。消せるボールペン、マーキングペンなど高機能な商品開発により、国内だけでなく、海外市場も開拓。大手は海外展開にも成功している。

データで見る業界のポイント

印刷・同関連業の製造品出荷額の推移

印刷・同関連業の製造品出荷額の推移
「工業統計表」(経済産業省)2019年

※掲載基準について

  • 業界の分類は、マイナビ2023の業種分類に沿っています。売上高については、2020年9月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。

    出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。

    原稿作成期間は2020年7月1日から10月31日です。

業界地図

ページTOPへ