学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

メーカー業界

ゴム・ガラス・ セラミックス(ガラス・セラミックス)の業界地図

ガラス、セラミックスとも日本企業が強みを持っている。ただ、中国などの追い上げも急で、さらなる技術開発、低コスト化が必要だ。

ガラス

AGC

建築、自動車用ガラスで世界的。5G関連素材開発に力

「ガラス一体型5Gアンテナ」を共同開発

HOYA

眼鏡レンズに強み。半導体基板や内視鏡事業など多角化

日本板硝子

建築、自動車用ガラスが主力。海外市場開拓に注力

日本電気硝子

ディスプレー用と自動車用ガラスが2本柱

12.4%出資

13%出資

有機EL照明 で合弁

セントラル硝子

自動車用、建築用ガラスが主力。化成品事業も展開

石塚硝子

びん、ガラス食器などがメイン。抗菌剤も製造

日本山村硝子

ガラスびん製造の大手。海外事業拡大に注力

オハラ

光学ガラスで大手。電子機器向け需要が増加

セラミックス

京セラ

セラミックス電子部品が主力。通信機器などに多角化

村田製作所

セラミックコンデンサーは世界首位。2次電池も製造

リチウムイオン2次電池事業を買収

EV用電池で戦略提携

日本ガイシ

ガイシからセラミックスに展開。独自の蓄電池も量産

日本特殊陶業

自動車用プラグで高いシェア。電子部品も展開

MARUWA

通信機器向け基板に強み。照明機器も製造

ゴム・ガラス・ セラミックス(ガラス・セラミックス)業界の企業情報

ゴム・ガラス・ セラミックス(ガラス・セラミックス)業界の「現在」と「未来」

板ガラスは日本が高いシェア。スマホ用なども需要伸ばす

飲料用、台所用品から、自動車、ビル、住宅、さらに電子機器用と用途が幅広いガラス。製品の種類も、板ガラス、複層ガラス、ガラス繊維、電気ガラスなど種類は多い。

特に住宅や自動車用などの板ガラスは日本企業の海外生産も活発で、世界的に高いシェアを持っている。なかでも需要を伸ばしているのが建築用の複層ガラス(エコガラス)だ。これは2枚のガラスに間に空気や特殊な金属膜を密封したもので、断熱・遮音効果が高く、ほとんどの新築戸建て住宅、マンションなどに採用されている。最近では、スマートフォンやタブレット端末用などの電気ガラスも好調だ。海外勢の追い上げはあるものの、こうした技術力で需要開拓が進む。

ファインセラミックスは産業用途がメイン

セラミックスは非金属の無機材料を高温処理して固めた材料。なかでも高精度な材料と製法で作られたものをファインセラミックスと呼び、電子部品や半導体、自動車部品など産業用に幅広く使われている。日本ファインセラミックス協会によると、2019年の生産見込み額は3.1兆円と、前年比で微減の見込み。

データで見る業界のポイント

ファインセラミックス部材の生産額推移

ファインセラミックス部材の生産額推移
「ファインセラミックス産業動向調査」(日本ファインセラミックス協会)2019年

※掲載基準について

  • 業界の分類は、マイナビ2023の業種分類に沿っています。売上高については、2020年9月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。

    出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。

    原稿作成期間は2020年7月1日から10月31日です。

業界地図

ページTOPへ