学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

メーカー業界

繊維・紙・パルプの業界地図

繊維・紙・パルプ業界は需要の構造変化や少子化などにより市場縮小が懸念されているが、技術開発によって新市場開拓も進む。

繊維

東レ

衣料・産業用繊維が柱。炭素繊維は世界トップ

帝人

合成繊維の大手。医薬や医療機器も展開

旭化成

化学と住宅が柱。医療機器では人工呼吸器を増産

セーレン

スポーツ用衣料のほか、自動車用シート材なども展開

グループ会社

グループ会社

ダイワボウホールディングス

綿紡績の老舗。現在はITインフラ関連が柱

東洋紡

綿紡績が発祥も、機能性樹脂や医薬品など多角化

倉敷紡績

通称「クラボウ」。綿紡績大手、建材など非繊維も拡大

ユニチカ

フィルムや不織布など高分子事業を強化

小松マテーレ

ポリエステル織物の精練、染色、加工などが主力

日本毛織(ニッケグループ)

通称「ニッケ」。羊毛毛織のほか、商業施設なども展開

住江織物

インテリアや自動車用カーペットなどが主力

製紙

王子ホールディングス

製紙で国内トップ。医療用ガウン向け不織布の生産開始

日本製紙

印刷用紙生産量は国内首位。紙の包装材生産に注力

レンゴー

板紙専業で、段ボール生産量は国内トップ

大王製紙

紙・板紙が主力。ティッシュなど家庭用紙に強い

北越コーポレーション

印刷・情報用紙が主力。段ボールなど新事業育成

三菱製紙

情報用紙などがメイン。水処理膜など機能材料を強化

トーモク

段ボール製品加工が主力。輸入住宅も扱う

ザ・パック

手提げ紙袋国内シェアトップのパッケージメーカー

中越パルプ工業

新聞用紙、印刷用紙などが柱。発電事業も展開

繊維・紙・パルプ業界の「現在」と「未来」

出荷額は1990 年の4分の1。経産省が復活に向けて提言

経済産業省の工業統計によると、2018年の繊維産業の製造品出荷額は前年比0.5%増の3兆7,814億円。ただ、海外生産の増加やアパレル産業の縮小などにより、1990年比で約4分の1の水準。それでも、炭素繊維に代表されるように世界に誇る技術力も有している。経産省は19年7月に「繊維の将来宣言」を提言した。繊維技術は世界をリードする潜在力があると断言。復活の具体策として、IoT、AIなどデジタルツールの活用や非衣料用途の開発促進などを示した。

ペーパーレスの影響進む。求められる新分野の開拓

印刷用紙、段ボールなどを供給する製紙業界は、ペーパーレス化などの影響を受け、紙・板紙の国内需要は11年以降、減少が続く。日本製紙連合会が予測した20年の内需も前年比2.8%減の2,536万トン。トイレットペーパーなどに使われる衛生用紙を除きマイナスになると予測した。ただ、レジ袋有料化などにより、プラスチックから紙への代替も期待されている。すでに耐水・耐油性を持つ食品パッケージ用紙などが開発されており、新たな需要開拓が求められている。

データで見る業界のポイント

段ボールの生産量推移

段ボールの生産量推移
「段ボール統計」(全国段ボール工業組合連合会調べ)2020年

※掲載基準について

  • 業界の分類は、マイナビ2023の業種分類に沿っています。売上高については、2020年9月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。

    出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。

    原稿作成期間は2020年7月1日から10月31日です。

業界地図

ページTOPへ