学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

商社業界

商社(通販・ネット販売)の業界地図

自宅にいながら商品を購入できる通信販売。カタログ、テレビ通販に加え、特に近年はネット通販の伸びが目立っている。

個人向けカタログ・ネット通販

ベルーナ

婦人服主体のカタログ通販大手。食品なども展開

ディノス・セシール

カタログ、テレビ、ネットでファッション製品など販売

スクロール

カタログ通販からネット通販へ展開。PB化粧品も扱う

8.2%出資

会員向けカタログ通販/通販サイトで提携

千趣会

「ベルメゾン」ブランドでカタログ、ネット通販を展開

ニッセンホールディングス

カタログ、ネット通販の大手。セブン&アイの子会社

テレビショッピング

ジュピターショップチャンネル

CATV、衛星放送、ネットで「ショップチャンネル」展開

QVCジャパン

テレビで通販専門チャンネルを24時間放映

オークローンマーケティング

テレビショッピング「ショップジャパン」を運営

法人向け

アスクル

オフィス用品配達の先駆け。ヤフーと提携

大塚商会

オフィス用品通販のほか、情報サービスにも強み

トラスコ中山

プロ用工具、工場用資材などの卸。自社ブランドも展開

ミスミグループ本社

FA機器、金型部品などを販売。ネット通販も手掛ける

MonotaRO

工具、部品、消耗品など工場用資材をネット販売

商社(通販・ネット販売)業界の企業情報

商社(通販・ネット販売)業界の「現在」と「未来」

21 年連続で増加。巣ごもり需要も追い風

通信販売はカタログから始まり、テレビ通販、ネット通販へと拡大した。日本通信販売協会によると、2019年度の通販市場売上高(会員433社の合計)は前年度比8.2%増の8兆8,500億円と、21年連続で増加した。最近では外出自粛により視聴機会が増えたことにより、テレビ通販も好調なようだ。一方で、カタログ通販は情報の発信先が登録者に限られる上、カタログ編集に時間を要するなどの課題を抱えている。これに対応し、実店舗を設けるカタログ通販企業も現れている。

EC 市場は約19 兆円。利便性を武器に拡大が続く

経済産業省のEC(電子商取引)市場調査によると、19年の消費者向けEC市場は前年比7.6%増の19兆3,609億円と拡大が続いている。内訳は、物販系が10兆515億円と最大で、旅行、金融などのサービス系が7兆1,672億円と続く。フリマアプリなどの個人間ECも1 兆7,407億円と増加している。ネット通販は今後も利便性を武器に拡大していくことは間違いない。ネット通販ではこのほか、文具や工具など特定の商材に特化したサービスで成長する業態も目立っている。

データで見る業界のポイント

通販売上高と伸び率

通販売上高と伸び率
「通信販売売上高について」(日本通信販売協会)2020年

※掲載基準について

  • 業界の分類は、マイナビ2023の業種分類に沿っています。売上高については、2020年9月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。

    出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。

    原稿作成期間は2020年7月1日から10月31日です。

業界地図

ページTOPへ