学生のための就職情報サイト

  • 会員登録
  • インターンシップ・仕事体験検索

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

ソフトウエア・通信業界

ソフトウエア・情報処理・ネット関連 (ソフトウエア)の業界地図

ビッグデータ、IoT、さらにリモートワークの時代にあって、ソフトウエアの重要性はさらに高まり、需要が伸びていると見込まれる。

メーカー系業務ソフト

日立システムズ

各種ITシステムの構築、データセンターなども提供

トヨタシステムズ

トヨタグループの情報システム3社を統合して発足

三菱電機インフォメーション システムズ

ICTを活用したシステム構築、ソフト開発などを担う

日立ヘルスケアシステムズ

電子カルテなどの医療システムが中心。開業支援も展開

富士通九州システムズ

全国でSI事業、コンサル、人材育成サービスなどを展開

日立システムズエンジニアリングサービス

ITシステムの構築、運用、保守のほか、ソフトも開発

富士通ビー・エス・シー

業種、業態ごとのITシステム構築やSI事業が中心

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

ソフト開発、ITシステム構築、セキュリティなどを担う

OKIソフトウェア

ソフト開発をベースにシステムソリューションを提供

日立ソリューションズ東日本

北海道、東北を中心にシステム構築サービスなどを展開

独立系業務ソフト

富士ソフト

FA、自動車、流通、サービス向けシステムに強み

TCSホールディングス

情報システムの設計、運用、保守。不動産事業も展開

オービック

統合業務管理システムに強み。オフィス用品も販売

Sky

業務系システム、情報漏洩防止システムなどに強み

ゼンリン

地図情報でトップ。カーナビ向けやネット配信も展開

電算システム

情報処理サービスの中堅。スマホ決済なども展開

クレスコ

ソフトの受託開発がメイン。金融系に強み

ジャストシステム

個人・法人向け業務ソフトが中心。通信教育も手掛ける

ミロク情報サービス

会計事務所向けソフト、統合業務ソフトなどを開発

情報技術開発

ソフト開発のほか、ITインフラなども提供

アシスト

パッケージソフトによるソリューションを提供

日本ATM

ATMの開発、設置、監視、運用代行、保守などを担う

アルファシステムズ

通信系ソフトが中心。EC向けソフトを強化

オービックビジネスコンサルタント

中小企業向け業務ソフトがメイン。オービックグループ

サイバネットシステム

設計用CAEソフトに強み。富士ソフトの子会社

金融系・他業務ソフト

NTTテクノクロス

NTT研究所の先端技術を応用してソリューション提供

テプコシステムズ

ソフト開発、情報処理などを担う。東京電力グループ

SOMPOシステムズ

情報処理サービス、ソフト開発などを受託

関電システムズ

関西電力の契約管理、電気料金の計算などを担う

鉄道情報システム

みどりの窓口などJRグループの情報システム運営

アイテック阪急阪神

交通関連、医療、ビル関連のシステム開発などを展開

NTTデータ関西

生産・販売・財務管理など基幹系システム開発が中心

三井E&Sシステム技研

各種ITシステムの構築やメンテナンスなどを担う

農中情報システム

農林中央金庫、JAバンクの情報システムを運営

東京海上日動システムズ

東京海上グループの情報システムの開発などを担う

外資系

Google

検索エンジンで世界的なアメリカ企業の日本法人

Apple Japan

iPhoneをはじめ、一般向け情報端末などを販売

アドビ

クラウドサービスに強いアメリカ企業の日本法人

ヴイエムウェア (アメリカ)

仮想化ソフト大手のアメリカ企業の日本法人

SAS Institute Japan

データサイエンスで世界的な企業の日本法人

日本アイ・ビー・エム

戦前から日本で活動するアメリカ企業の日本法人

日本マイクロソフト

Windowsで世界的なアメ リカ企業の日本法人

日本オラクル

アメリカ企業の日本法人。DB管理ソフトなどに強み

SAPジャパン

企業向けERPソフトに強いドイツ企業の日本法人

セールスフォース・ ドットコム

クラウドベースの顧客管理システムに強い日本法人

セキュリティソフト

トレンドマイクロ

個人、法人向けセキュリティソフトで高シェア

ソースネクスト

ウイルス対策ソフトのほか、自動翻訳機も展開

ソリトンシステムズ

セキュリティソフトが中心。映像事業も展開

マカフィー

ウイルス対策ソフトを展開。アメリカ企業の日本法人

カスペルスキー

ロシアのセキュリティソフト販売の日本法人

ソフトウエア・情報処理・ネット関連 (ソフトウエア)業界の企業情報

ソフトウエア・情報処理・ネット関連 (ソフトウエア)業界の「現在」と「未来」

市場規模は約1兆5,000億円。クラウド利用で需要増加

社会に不可欠のコンピューター。本体と周辺機器をハードウエアと呼ぶのに対し、それらを動かすプログラムがソフトウエアだ。ソフトにはハードの制御と操作を行うOS(基本ソフト)と、OSに基づいて特定の作業を行うアプリケーションソフトに分けられる。

経済産業省の特定サービス産業動態統計によると、2019年のソフトウエアプロダクツの売上高は、前年比0.2%増の1兆4,878億円だった。今後もAIやIoT、さらにはネットワークを利用してソフトやデータを使うクラウドサービスの増加により、クラウド上のソフトを必要なときに使うSaaS(Softwareas a Service)と呼ばれる仮想化ソフトも登場するなど、ソフトの利用機会はますます増えていきそうだ。

テレビ会議需要が急増。 重要度が高まるセキュリティ

コロナ禍によって需要が急増したソフトが、会議ソフトだ。これは据え置き型のテレビ会議、パソコンなどでも利用できるウェブ会議、ビデオ通話がある。特に、リモートワークやオンライン授業の機会が増えるにつれて伸びているのがウェブ会議システムだ。商談や教育、研修、さらには採用面接などにも利用
されている。ソフト利用がクラウドに移行し、重要度を増しているのが、これら通信の安全を守るセキュリティソフト

このほかにも、ビッグデータの解析ソフト、パソコン上の作業を自動化するRPA(Robotic Process Automation)など、ソフトが果たす役割はますます増えている。

※掲載基準について

  • 業界の分類は、マイナビ2023の業種分類に沿っています。売上高については、2020年9月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。

    出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。

    原稿作成期間は2020年7月1日から10月31日です。

業界地図

ページTOPへ