日本放送協会(NHK)

事業所
北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/海外
雇用形態
正社員
業種
広告・出版・マスコミ
職種
開く
事務・管理系(総務・人事・労務 /経理・財務・会計 /法務・特許・審査) 企画系(宣伝・広報/調査研究・マーケティング/経営企画) 営業系(営業(個人向け既存顧客メイン)/営業(法人向け既存顧客メイン)) 技術・研究系(基礎研究/応用研究・技術開発/建築土木設計・測量・積算) 専門系(アナウンサー) クリエイティブ系(編集・制作 /記者・ライター/CGデザイナー/空間デザイナー) IT系(ネットワークエンジニア/システムエンジニア/データサイエンティスト)

障がいへの配慮

  • 勤務地の配慮がある
  • 配属先の配慮がある
  • 転勤への配慮がある
  • 勤務時間の配慮がある
  • ノー残業デーがある
  • 通院の配慮がある
  • 車椅子用エレベータあり
  • 車椅子用トイレあり
  • 自動車通勤可能
  • 産業医の配置がある

雇用実績

  • 上肢障がい
  • 下肢障がい
  • 体幹障がい
  • 視覚障がい
  • 聴覚障がい
  • 心臓障がい
  • 腎臓障がい
  • 肝臓障がい
  • 膀胱障がい
  • 直腸障がい
  • 精神障がい

一人ひとりの個性を活かせる
幅広いフィールドがあります。

取材対象者の空門 勇魚(そらかど いさな)ディレクター。

空門 勇魚

2006年入局。制作局 青少年・教育番組部所属(取材当時)。体幹機能障害。

NHKの職場環境はいかがですか?

ディレクターとして配属されたのは良いけれど、「あれ、ロケ行く時どうするんだ?」となりました。何か整ったサポート制度があるわけではなく、そのつど必要な支援を要請して開拓していく感じでした。一人でロケ車に乗れないので、サポートが必要だと説明し、自分で外部のヘルパーを手配してロケに行きました。
現在は渋谷の放送センターで働いていますが、建物の作りが古いのでバリアフリーでない設備がいくつかあります。副調整室や編集室などが狭かったり、車椅子用トイレまで遠かったり、部屋の扉や電気のスイッチが高い位置にあったり、不便を感じることがあります。ただ、職場の人に助けを求めれば応じてくれるので、僕が番組を作れなくなるほど困った状況にはなりません。
僕が番組を作るためにはどうしたら良いか、NHKは話を聞いて、なんとか方法を考えてくれます。

編集室で、音声担当やプロデューサーと番組編集に取り組む空門ディレクター。番組は、みんなで作り上げるものであり、チームワークを意識するのもディレクターの大切な役割。
多種多様な番組を作っている
NHKに一番入りたいなと思っていました。

学生のみなさんへ

入局当初は、福祉番組の担当で悩むことが度々ありました。当時の福祉番組は「障がい者がどん底から這い上がって、今は社会の中で頑張っています」というパターンがほとんどで、そのことに少なからず疑問を抱いていました。そんな時、「きらっといきる」を見た障がいのある視聴者から「この番組に出ている主人公はハードルが高い。頑張っているエリートの障がい者だけが出ている」というお便りをいただきました。そのご意見を出発点として福祉番組を見直し、誕生したのが「バリバラ」でした。
「障がい者と健常者が社会の中で共に生きるためにはどうすればいいか」という芯の部分は変えず、真面目なドキュメンタリーからバラエティーの手法に挑戦しました。
反響は想像以上で、「こんな番組が見たかった」といった声をいただき、視聴者と出演者と制作者が一緒におもしろがって番組を作り上げていく「制作の醍醐味」を感じられた瞬間でした。

現在は、大阪放送局制作部で「バリバラ」他福祉番組のデスクを担当。
「バリバラ」の立ち上げに関われたのは、
僕にとって大きな経験であり、財産です。

メッセージ

NHKでは、障害のある職員が様々な業務で活躍しています。
業務を進めるうえで、必要な配慮やサポートは行いますが、業務内容について「障がいのある方、ない方」の違いはありません。
公共放送NHKの業務に携わり、「視聴者のみなさまの役に立ちたい」「社会に貢献したい」そんな熱い気持ちを持った方をお待ちしています。
NHKにはみなさん、一人ひとりの個性を活かせる幅広いフィールドがあります。

募集職種・仕事内容

<全国職員>
・ディレクター
・記者
・アナウンサー
・映像取材
・映像制作
・デジタル
・映像デザイナー
・音響デザイナー
・放送事業のマネジメント
・技術
(※)〈全国職員のみ〉コンテンツ制作技術、放送システム開発・運用、放送技術研究、情報システム技術、建築技術

<地域職員>
・ディレクター
・記者
・アナウンサー
・放送事業のマネジメント
・技術

NHKには、ディレクター・アナウンサー・記者など、すぐに思いつく仕事以外にも、カメラ・音声・照明など番組制作にかかわる技術の仕事、財務・広報・イベントなど組織を動かす仕事、NHKの財政基盤である受信料に関する業務を担当する営業企画の仕事、そして放送技術の研究や開発など、非常に多くの仕事があります。

募集対象

【応募資格】
2022年4月から2023年3月の間に大学等を卒業・修了見込みの方。
大学等とは、大学院・4年制大学・短期大学(修業年限2年以上)・高等専門学校(専攻科含む)および専修学校専門課程(修業年限2年以上)です。
※在学中の方は、2023年の3月までの卒業・終了が条件です。
※採用は原則として2023年4月1日になります。
※既卒者の応募も受け付けております。

応募方法

マイナビからエントリー

選考スケジュール

エントリーシート提出、書類選考、面接、筆記試験など。
〆切日についてはエントリーいただいた方にご案内しております。

提出書類

エントリーシート

勤務地

<全国職員>
東京・渋谷と全国の道府県庁所在地などの放送局・支局・営業センター(海外含む)

<地域職員>
採用時に特定した道府県内の放送局等で働いていただきます。転勤は必要に応じて、その道府県が属するブロック内の放送局等に限定して実施します。

勤務時間

9:30〜18:00(1週平均37.5時間)
※休憩1時間
※業務・職場により異なります
※フレックスタイム制度あり
※専門業務型裁量労働制適用者(記者)はみなし労働時間(8.5時間/日)を適用

休日休暇

休日:完全週休2日制。祝日、年末年始をあわせた年間休日数は約120日
年次有給休暇:初年度16日、以降3年目20日まで漸増
クリエイティブ休暇:各年度連続5日
リフレッシュ休暇:10年、20年、30年勤続者に各連続10日
その他の休暇:結婚休暇、産前産後休暇、母性保護休暇、妻出産休暇、看護休暇、介護休暇、積立休暇など

基本給・モデル月収例

試用期間 あり

固定残業 なし

短大・専門・高専 199,410円
大学      218,360円
院了(修士)  231,360円
※2021年4月実績
※社会人としての勤務経験がある方は、実務経験・専門的知識等の程度を評価し、NHKの規定により決定します。

試用期間:
入局後、6カ月間
※本採用時と条件の変更はありません

雇用形態

雇用形態:
全国職員・地域職員ともに正社員

雇用実績

上肢、下肢、体幹、視覚、聴覚、心臓、腎臓、肝臓、膀胱、直腸、精神

問い合わせ先

・連絡先の名称 NHK放送センター
・住所 〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
・担当部署 NHKインターンシップ事務局
・TEL 03-5455-7900
・URL http://www.nhk.or.jp/saiyo/

その他

さらに詳しい情報についてはこちら

日本放送協会(NHK)

事業所
北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/海外
雇用形態
正社員
業種
広告・出版・マスコミ
職種
開く
事務・管理系(総務・人事・労務 /経理・財務・会計 /法務・特許・審査) 企画系(宣伝・広報/調査研究・マーケティング/経営企画) 営業系(営業(個人向け既存顧客メイン)/営業(法人向け既存顧客メイン)) 技術・研究系(基礎研究/応用研究・技術開発/建築土木設計・測量・積算) 専門系(アナウンサー) クリエイティブ系(編集・制作 /記者・ライター/CGデザイナー/空間デザイナー) IT系(ネットワークエンジニア/システムエンジニア/データサイエンティスト)

障がいへの配慮

  • 勤務地の配慮がある
  • 配属先の配慮がある
  • 転勤への配慮がある
  • 勤務時間の配慮がある
  • ノー残業デーがある
  • 通院の配慮がある
  • 車椅子用エレベータあり
  • 車椅子用トイレあり
  • 自動車通勤可能
  • 産業医の配置がある

雇用実績

  • 上肢障がい
  • 下肢障がい
  • 体幹障がい
  • 視覚障がい
  • 聴覚障がい
  • 心臓障がい
  • 腎臓障がい
  • 肝臓障がい
  • 膀胱障がい
  • 直腸障がい
  • 精神障がい

ページトップへ

Copyright © Mynavi Corporation