先輩たちのキャリアプラン

介護・ヘルパー

三津木 伸一さん
職歴:4年

介護福祉士と社会福祉士のダブル取得で、
施設長の右腕を目指す!

現在の仕事内容

私が勤務する「特別養護老人ホーム 癒しの里 南千住」では、介護を必要とするご高齢の方が入居されているほか、ショートステイのサービスも提供しています。私は現在そのショートステイを担当しており、サービスの責任者として契約説明や予約の受付、利用中の問い合わせ、送迎などの業務に従事しています。

例えば契約説明は、ケアマネジャーから新規利用の依頼が入ったときに、施設見学を受け入れたり、ご家族に向けて契約に関する詳細な説明を行います。また、ご契約中の方から予約の電話をいただいた際の対応もショートステイ担当の仕事です。満床のときにはキャンセル待ちを受け付けたり、他のご利用者の予約状況などを見ながら、希望日にご利用できるよう調整を図っていきます。また、利用中にの方のご家族から「利用日数の延長」などの要望をいただくこともありますし、近隣の事業所や地域包括支援センターを訪問してパンフレットを置いてもらえるように依頼するなど、ショートステイサービスをより多くの方に知っていただくための活動も行っています。

その道に進もうと思った理由

もともと、祖母を介護していた親戚から「介護の大変さ」を聞いて、「やりたいことが無いなら、福祉を必要とする人やその家族をサポートできる、人の役に立てるような道に進むのも良いのではないか」と思い、大学の社会福祉学部を専攻しました。

しかし勉強するうちに、介護の仕事に対し「厳しい」「つらい」といったネガティブな印象を抱いくようになってしまったのも事実です。そのため、就職活動を始めた当初は、福祉以外の業界も含めて検討するつもりでした。だけど合同説明会で三幸福祉会と出会ったことで、そのイメージがガラリと変わりました。スーツではなくジャージーを着た理事長と職員が笑顔で楽しそうに話してくれて、「いいな」と思ったんです。その後、三幸福祉会の施設が主催する夏祭りを見学して、その気持がさらに高まりました。施設長も相談員も、みんな学生の私に気さくに話しかけてくれたし、職員同士の仲の良さも伝わってきて、「ここで働きたい」と思うようになりました。

キャリアパスのポイント

  • 大学時代
    福祉に興味を持って社会福祉学科に進学したものの、「やりたいこと」が決められず、ぼんやりとした気持ちのまま大学生活を送る。しかし「新卒で就職するのは人生に一度切り」と思い立ち、重い腰を上げて友人に誘われた合同説明会に参加。三幸福祉会と運命の出会いを果たす。
  • 内定者時代~1年目秋
    入職前、法人の支援制度を活用して介護職員初任者研修を取得。入職後、「特別養護老人ホーム 癒しの里 南千住」に配属となり、食事や入浴の介助など、入居者の生活支援全般を担当するように。先輩にマンツーマンで指導を受け、介護の実践的なスキルを学んでいった。
  • 1年目秋~2年目
    1年目の秋、併設されているショートステイの担当に。引き続き利用者の身の回りのことの支援からスタートするが、特別養護老人ホームの入居者と違って、日によって利用者が異なる環境に戸惑うことが多かった。一泊利用の方もいれば、一週間利用される方もいて、その都度、利用者と向き合いながら、「その方のために何ができるか」を考えていった。
    2年目の秋にユニットリーダーに昇格してからは、フロアに勤務するスタッフのシフト調整や、働く環境の改善などに取り組む。
現在
ショートステイのサービス責任者として、契約内容の説明や予約受付、送迎などに携わる日々。ユニットリーダーがいないときには、フロアで利用者の身体介護も行う。
一スタッフの頃は、「利用者に自分のファンになってもらおう」という気持ちで、仕事に携わっていた。あるご利用者は最初の頃、緊張していた様子だったので積極的にお声掛けしていったところ、徐々に笑顔を浮かべるように。そして気がつくとほかのご利用者と楽しそうに交流するようになっていた。介護とは人と人との関わりであり、そこに仕事のやりがいがある。
一方マネジメントも担う今は、現場で働く職員が同じようにご利用者一人一人との関わりを大切にしてもらえるよう、サポートしていきたいと思っている。

これからのキャリアプラン

入職して3年近く経ち、介護福祉士の受験資格を得たので、まずはその国家試験に挑戦する予定です。できれば、その先は、介護福祉士と社会福祉士のダブルライセンスを取得したいと思っています。

現在はショートステイのサービス責任者を務めていますが、将来的には「副主任」に昇格し、さらにその上の職位である「相談員」を目指していきたいですね。介護職としての現場の知識も、相談員としてのソーシャルワークの知識も、両方兼ね備えた福祉従事者になれたら嬉しいです。そして最終的な目標は、施設長の右腕となること。常に職員の声を聞き、職場改善に努めている施設長は、僕が理想とする上司であり、福祉従事者です。施設長を助け、「癒しの里 南千住」をより良い施設にしていけたらと願っています。

後輩へのメッセージ
就職活動の「軸」は、十人十色。給料などの待遇を重視する人もいれば、社風や人間関係を軸に法人を絞り込んでいく人もいると思います。私が就職活動で最も重視したのは、人間関係です。共に働く仲間の人間性や関わりから、その法人の魅力を感じ取ろうとしたのです。実際、落ち込んだときに励ましてもらえたりと、仲間には助けられています。

しかし、待遇や福利厚生と違って、社風や人間関係はデータに表しにくいもの。私と同じように人間関係を重視するのなら、ぜひ施設見学に参加することをオススメします。現場で働く職員やご利用者の様子から、その法人ならではの風土や人間関係が見えてくるはずです。そして、もし現場の職員と会話する機会があれば、「なぜ介護の仕事を続けているの?」と聞いてみてください。「フィーリングが合うな」「職員の考えに共感できる」と思える法人が、皆さんにとってベストの法人なのだと思いますよ。

プロフィール

介護・ヘルパー職歴:4年

三津木 伸一さん

社会福祉法人 三幸福祉会
特別養護老人ホーム 癒しの里 南千住
ショートステイサービス責任者