種別 就職先の選び方 診療放射線技師

どんな仕事?

レントゲンと呼ばれる一般エックス線撮影装置やCT(コンピュータ断層撮影。エックス線を用いて身体の断面が撮れる)などの放射線装置を使い、検査を行うのが診療放射線技師の仕事。医療において放射線を使う行為はもともと医師が担当していたが、医療の専門化が進んできたこともあって、現在放射線を使った機器の操作は、高度な放射線検査の技術を身に付けた診療放射線技師がもっぱら行っている。
放射線装置といえば、前述の一般エックス線検査、CT検査のほか、微量の放射性物質を含む薬を用い臓器の働きを調べ、がんの診断にも有効なRI検査(ラジオアイソトープ検査)などの機器も取り扱っている。さらに、磁石と電波を使って身体の断面を撮影する磁気共鳴画像診断装置(MRI)、超音波診断装置、眼底写真撮影装置といった放射線を使わない装置についても診療放射線技師が操作を行える。また、がんに放射線を照射する放射線治療については、医師を除けば診療放射線技師だけが担当することができ、多種多様な機器の操作が求められている。微量とはいえ、エックス線や放射性物質の取り扱いには危険が伴う。患者や作業にあたる職員の被ばく量の管理、放射性物質の安全な保管も任されており、その業務は多岐にわたる。

活躍できる場所

  • 医療施設
    (一般病院や診療所などの医療機関 )
  • その他
    (医療機器メーカー/専門商社/原子力発電所/各種検査機関など)

職場選びの3つのPOINT

  • 大規模医療施設か小規模クリニックか選択する
    診療放射線技師の多くは医療施設が職場となります。大規模な総合病院や医療センターでは、医療チームの一員として他診療科との連携も密接になり、多くの症例に接して幅広い検査を担いますが、診療放射線技師の人数が多い施設では、担当が細分化され専門性が高くなる傾向もあります。一方、小規模なクリニックは地域密着型の診療施設で、さまざまな機器を1人で扱い、オペ立ち会い、術中・術後ケア、診療補助や事務業務までを任されることもあり、専門職でありながら医療施設全体の業務を把握することができます。それぞれの特徴をつかんで、自分に合った職場選択をすることが大切です。
  • 病院や医療センター以外の職場にも目を向ける
    診療放射線技師の活躍の場は、医療施設のほか、医薬品・医療機器メーカーなどの医療関連企業、教育・研究機関、放射線を扱う原子力発電所や研究所、ラジオアイソトープ(RI)検査機関などにおいて、スペシャリストとしての選択肢が開かれています。医療関連企業では、病院に所属する診療放射線技師や医師との共同研究・開発、質問に対する回答など、診療放射線技師の持つ専門性が強く望まれています。視野を広く持って進路を検討するようにしましょう。
  • 将来なりたい診療放射線技師像を考える
    「予防医学に集中したい」「診療放射線技師養成校の教員を目指して臨床を経験したい」「休暇制度が充実した職場で長く勤めたい」など、自身の志望によって職場選びの視点は変わってきます。診療放射線技師としてどのような働き方をしていきたいのか、じっくりと検討することも大切です。

職場見学に行こう!

  • 職場の雰囲気(患者、同僚・上司・部下、他職種への接し方)をCHECK!!
    人間関係を中心とした「職場の雰囲気」は、職場見学で最も重点的にチェックすべきポイントです。他職種とのスムーズな連携、スタッフ同士の協力関係、患者の表情など、自分が働いている状況をイメージしながら確認してみましょう。
  • 設備・環境の充実度をCHECK!!
    通勤に影響する職場の立地や周辺環境、スタッフルームや休憩室の様子、年間行事などの状況は、働くうえでの満足度を左右する要素となります。また、装置・機器の年式やレベルはどうか、保守・点検・管理がどのように行われているかといったことも、業務に直結する大切な要素です。自分が特に大切だと思うポイントは事前にリストアップして、見学中に確かめるようにしましょう。
  • 教育体制の充実度をCHECK!!
    多くの人が気になる入職後の教育体制は、見ているだけでは分かりにくいポイントです。職場見学といっても見ているだけで終わらず、先輩スタッフによる指導状況や月間・年間の教育スケジュールなど、気になったことは自分から質問するようにしましょう。

病院・施設・企業を探す トップに戻る