メディカルスタッフ職種徹底解説 臨床工学技士 Medical Engineer (Clinical Engineer)

歴史

医療機器の技術革新は著しく、医療現場でさまざまな医療機器が利用されるようになり、安全で効率的な機器の運用には専門家の知識や技術が求められるようになった。医師や看護師以外でも、医療機器を適切に取り扱う専門家に対する国家資格の必要性が高まり、制定されたのが臨床工学技士。制定は1987年と、比較的新しい。

仕事の内容・特長

臨床工学技士は、医師の指示に基づいて、生命維持に必要かつ重要な医療機器を取り扱う専門職。機器の操作はもちろん、いつでも安心して使えるよう機器の保守・点検も行っており、CE(Clinical Engineer)やME(Medical Engineer)とも呼ばれている。病院では、手術室、ICU(集中治療室)、人工透析室などで作業を行うことが多く、時には機器を病室に運び、患者に装着することもある。臨床工学技士が取り扱う医療機器は、“生命維持装置” といわれる機器が中心で、人工呼吸器(呼吸が停止するなど自力で呼吸できない患者に使う装置)、人工心肺装置(心臓手術などで一時的に心臓を止めるときに使う装置)、ペースメーカー(電気による刺激で心臓の収縮を発生させる装置)、人工透析装置(血液中の老廃物や余分な水分を取り除く装置)など、患者の生命を左右しかねない操作ミスが絶対に許されないものばかり。医療機器は日々進化し、高度化・複雑化しており、臨床工学技士が医療現場で果たす役割は高まっている。また、現場での多様な機器の操作を通じ、さまざまな症状の患者と接する臨床経験が積めるのも臨床工学技士の特長といえる。

1日の仕事の流れ

8:30~9:30
ミーティングや事務・巡回など
朝のミーティングで連絡事項などの確認、1日の作業チェックを行う。病棟の巡回や病棟の責任者との打ち合わせなど。
9:30~12:00
機器の操作とメンテナンス
機器の操作を通じ、それぞれの患者に適した療法による治療を行う。
12:00~13:00
昼食・休憩時間
13:00~15:00
機器の操作とメンテナンス
人工透析を行ったり、使い終わった機器の清掃・点検・修理などを行う。
15:00~17:00
ミーティングや診療記録の作成
1日の業務内容の記録、医師への報告書作成などの事務作業を行う。また、機器の点検も行う。
17:00
終業
17時前後で終業となるが、勉強会への参加や資料作成で残業することもあれば、作業が深夜にまで及ぶことも多い。また、病院によっては緊急手術や救急対応で帰宅後に連絡があり病院に戻ることもある。

求められる資質

ミスのない慎重で的確な操作を行う責任感
命に直接かかわる機器の操作を行うので、その責任は非常に重く、ミスを絶対に起こさないという強い気持ちと慎重さは重要。また、操作中に患者に異変がないかを見極める注意力も求められる。
幅広い知識とコミュニケーション能力
機械はもちろん、医学・生物・化学など、幅広い分野の知識が必要。また、他の医療スタッフとの連携や患者との会話も大切で、コミュニケーション能力は重要。

主な勤務先

主な勤務先は病院や診療所になるが、医療機器メーカーや専門商社などもある。

  • 一般病院や診療所などの医療機関
  • 医療機器メーカーや専門商社

参考データ

推定平均年収 450~600万円(諸手当を含む)

※マイナビ編集部調べ

給与は、臨床検査技師や診療放射線技師に近いと考えられる。ただし、同じ医療機関でも、国公立の病院では公務員としての給与となる一方、大きな病院と小さな病院では給与が異なるなどバラつきが大きい。また、経験や能力によっては平均よりも高い給与で勤務している臨床工学技士もいる。

将来性

医療機器の進化に伴い、臨床工学技士に対する期待は高い。また、制定が1987年と歴史が浅いこともあり、新しく活躍する場は拡大傾向にある。また高度な専門性を持った臨床工学技士に対して、さまざまな関連学会が透析技術認定士や体外循環技術認定士といった認定制度を設けており、自らの得意分野を伸ばす環境も整っている。能力しだいで、研究職や教育者、NPO活動を通じて海外での医療機器の操作といった道を選ぶ人もいる。

トップに戻る