薬学生のための就職情報サイト

マイナビ2023 薬学生ナビ

(株)廣貫堂
【本社】
  • 富山県富山市梅沢町2丁目9−1
【業種】
  • 医薬品メーカー(研究開発)
  • 医薬品メーカー(生産技術)
  • 化学メーカー

PROFESSIONAL WORK

チャレンジできる分野が幅広くあります。
新たな自分の可能性を見つけてください。

先輩プロフィール

右/大野剛史さん/2008年入社/信頼性保証本部品質管理部 サイトQAグループ グループマネージャー 医薬品製造管理者
左/高島苑子さん/2021年入社/信頼性保証本部品質管理部 試験検査グループ

薬剤師としての専門業務以外も多くを学べる環境です。

深く考える力と、確かな知識に基づいた
判断が求められる仕事です。(大野)

大学で生薬の研究をしていたため、生薬を扱う製薬メーカーを志望していたことと、企業でいろいろな仕事を経験してみたかったという2つの理由で、廣貫堂を選びました。

現在は医薬品製造管理者として、工場から製品を出荷する際に品質に問題がないか、最終的なチェックを任されています。他には、市場に出た商品についてクレームがあった場合に、その問題が製造過程で発生したものか、出荷後のものかなどを調査しています。医薬品製造管理者は、薬剤師の資格がないとなれません。私の判断が会社のジャッジとして、そのまま工場の製造方針に反映されます。また、薬学的なことはもちろん、コストや品質についても徹底的に考え抜かなければならず、責任も重大ですが、その分薬剤師としての仕事にやりがいを感じています。入社の決め手となった、幅広い仕事ができることや、すべての仕事が経験値を高めてくれるため、成長を実感できるのが嬉しいですね。

じっくり落ち着いて自分らしく仕事ができる職場です。

廣貫堂は消費者に対して誠実なものづくりを
していると実感しています。(高島)

富山出身で、幼い頃から家に廣貫堂の薬があったこともあり、廣貫堂は身近な会社でした。また性格的に、接客よりはじっくり研究に取り組む方が自分には合っていると思い、廣貫堂へ入社を決めました。

現在は品質試験を担当しており、微生物や成分の定量試験などを行っています。最近になって1人で試験を任されることも増え、仕事のおもしろさを感じるようになっています。メーカーの仕事は各部署との連携が重要になります。その点では、廣貫堂のチームワークはとてもよく、一体感があると感じています。また、優秀な先輩が多く、自分の仕事以外の部分にも目配り、気配りしていたり、自分なりの効率のいい仕事のやり方を考えて実践していたり、毎日学ぶことがたくさんあります。今はまだ自分の仕事だけで精一杯ですが、これからは担当試験以外にもいろいろな経験を重ねて仕事の全体像をつかみ、会社全体の動きも把握できるようになりたいと思っています。

固定概念に縛られず、自分の目で見ることが大切です。

先輩が丁寧に教えてくれます。
まずやってみる姿勢を大事にする社風です。

製薬メーカーでは、薬剤師としての仕事以外にも、製造や品質など、いろいろな仕事があり、より広い視野で薬剤師の役割を見つめることができます。薬学生で企業を選択する人は少ないような気がしますが、おそらくどのような仕事があるのか知らないからかもしれません。じっくり考えることが好きな人、自分の可能性を広げたいと思っている人には製薬メーカーは向いていると思います。(大野)

薬学生が活躍できる場として、病院、ドラッグストア、調剤薬局、製薬メーカーなど、選択肢はたくさんあります。最初から自分はここ!と決めつけるのではなく、いろいろなところを、できるだけたくさん見る方がいいと思います。そうすることで、自分に向いている場所を見つけ出すことができると思います。あとは職場の雰囲気も重要です。現場を見て自分が感じたことを大事に、最終的に自分に合った企業を決めるといいと思います。(高島)

MESSAGE

薬学部での実習は薬局や病院といった臨床の現場であるため、製薬企業で働くイメージがつきにくいかもしれません。しかし薬剤師を目指す人にも人の上に立つ指導者になりたい人もいるでしょうし、研究者として一つの分野に打ち込む方が向いている人もいると思います。廣貫堂では自分に合った仕事が待っています。薬剤師のスキルを磨きつつ、幅広い分野で活躍したい人にはやりがいのある仕事になると思います。(人事担当/宮野正信)