学生のための就職情報サイト

  • 会員登録

「現在」が分かる!「未来」が見える! 業界地図

メーカー業界

住宅・インテリアの業界地図

住環境に対する意識は、コロナ禍を機に変化している。国は新たな住宅への指針を定め、住宅メーカーなどは対応を求められている。

※掲載企業は売上や総資産額などに加え、業界のトピックを踏まえてマイナビ編集部が選定した一部の企業となります。また掲載内容に関する基準はこちらよりご確認ください。

住宅

大和ハウス工業

戸建て、賃貸、マンション、商業施設などを総合展開

積水ハウス

注文住宅の最大手。賃貸、マンションなども展開

飯田グループホールディングス

戸建て分譲住宅でトップ。マンションも手掛ける

プライムライフテクノロジーズ

トヨタとパナソニックが合弁で設立した街づくり企業

住友林業

木造住宅に強い。2020年12月期は9カ月の変則決算

20.3%出資

2.8%出資

資材共同調達

オープンハウス

都心部の狭小戸建て住宅に強い。マンションも手掛ける

積水化学工業

「セキスイハイム」ブランドで分譲・建売住宅を展開

一条工務店

耐震、省エネなど高性能を訴求した戸建て住宅を販売

旭化成ホームズ

旭化成の子会社で「へーベルハウス」ブランド

100%出資

資材共同調達

資材共同調達

関連会社

ミサワホーム

木質プレハブ住宅大手。プライムライフの完全子会社

インテリア

パナソニック

住宅用照明、換気システム、建材、リフォーム事業展開

50%出資

製品開発で提携

内装建材の生産・調達で提携

LIXIL

住宅設備の最大手。リフォーム事業に注力

TOTO

衛生陶器の最大手。リフォーム、海外展開に重点

100%出資

開発・生産・販売提携

リフォーム分野限定で包括的に提携

三和ホールディングス

シャッターの最大手。自動ドアなど防菌商品を開発

シャッターのOEM供給

100%出資

YKK AP

YKKグループの住宅・ビル用アルミ建材メーカー

100%出資

リフォーム分野限定で包括的に提携

住宅・インテリア業界の「現在」と「未来」

2020年の住宅着工戸数。9.9%減で4年連続マイナス

国土交通省によると、2020年の住宅着工戸数は、前年比9.9%減の81万5,340戸と4年連続の減少となった。持ち家(9.6%)、貸家(10.4%)、分譲(マンション8.4%、一戸建て11.4%)のいずれもがマイナスとなった。コロナ禍により、一時的に住宅展示場が閉鎖となったほか、首都圏のマンション供給が減ったことなどが響いた。ただ、テレワークの普及などにより住環境への価値観に変化が表れ、郊外の戸建て住宅が人気となるほか、オンライン接客が増えている。

新たな住生活基本計画。リフォームなどの重要性増す

国は20年3月、新たな「住生活基本計画」を閣議決定した。住宅内にテレワークスペースを確保するほか、省エネ基準の義務付け、ZEH(ゼロエネルギー住宅)拡充のほか、空き家などを活用した物件情報の提供などにより、複数地域での居住を促進することなどを打ち出した。新設だけでなく、中古住宅のリフォームも重要性を増してきそうだ。基本計画ではリフォームの市場規模を現在の6兆円程度から、30年には14兆円に伸ばすことも掲げており、住宅業界は新たな戦略が必要といえる。

データで見る業界のポイント

新設住宅着工戸数(全国)

新設住宅着工戸数(全国)
「住宅経済関連データ」(国土交通省)2021年

※掲載内容の基準について

  • 掲載企業は売上や総資産額などに加え、業界のトピックを踏まえてマイナビ編集部が選定した一部の企業となります。業界の分類は、マイナビ2024の業種分類に沿っています。各社の直近の決算に基づき、該当する分野の主に売上高の大きい順に企業を掲載しています(矢印などで示す関係企業については順不同)。なお、売上非公開の企業など、その業界における注目企業を掲載する場合は、五十音順の並びとしています。

    売上高については、2021年9月期までの連結決算を原則とした、直近の決算期の数字を使用しています。また、非上場企業の場合は、決算公告や自社のホームページなどで公表している直近の売上高を採用。売上高を公表していない企業については「非公開」としています。

    出資関係は、上場会社については提出が義務付けられている直近の「有価証券報告書」に沿っています。非上場企業はこれまでに業界団体や企業から公表されている文書などの数字を基にしています。「有価証券報告書」とは、企業の事業内容や、従業員、設備、財務諸表、子会社や関連会社、株主など多くの情報が掲載されており、金融庁のサイト「EDINET」で企業ごとに検索できます。

    原稿作成期間は2021年7月1日から10月31日です。

業界地図

ページTOPへ