第7回 学生が選ぶキャリアデザインプログラムアワード 受賞企業が決定!

過去インターンシップアワード受賞法人

第1回~5回までにインターンシップアワードに受賞した法人をご紹介!
学生のみなさんから「満足度の高いインターン」と評価されています。


※2018年(第1回開催)から実施している「学生が選ぶインターンシップアワード」は、第6回開催より「学生が選ぶキャリアデザインプログラムアワード」に名称変更しました。
受賞理由

【オンライングローバルインターンシップ2021】

国内理系学生対象に3人1チームとなり、実際に社員が行っている業務を経験してもらう実務体験型グローバルインターンシップ。新型コロナウイルスの影響で海外に渡航できない中、宿泊施設からオンラインでボッシュベトナム法人とタスクを進め、横浜研究所にて実証テストを行い、最終日には成果発表プレゼンテーションを実施。本プログラム終了後も、フォローアップイベントや過去のインターンシップ参加社員との座談会を実施するなど、学生のキャリア構築に有益な事後の学習機会を提供し、熱意あるプログラムとして参加学生からも極めて高い評価を得た。

続きをよむ
閉じる
  • 大東文化大学
  • 大学
受賞理由

【大東文化大学インターンシッププロジェクト】

就業体験を中心とした5日間の単位認定インターンシッププログラムで、商社、製造、IT、小売など29社と合同で実施。大学側が受け入れ企業向けのセミナーを開催したり、実習プログラムを事前に確認したりするなど、学生が平等に質の高い就業体験を受けられるように工夫されている。加えて、事前・事後学習プログラムの充実、現場体験比率を6割以上に設定、学生からの希望を聞いた上で配属を決定するなど、教育効果の高いプログラムを構築するための丁寧な工夫が随所にみられる好例として高く評価された。

続きをよむ
閉じる
  • 滋賀県・(株)いろあわせ
受賞理由

【しがプロインターン(Summer/Winter)】

自分自身のやりたいことや業界・企業選択など学生の「わからない」という声をもとに設計されたインターンシップ。学生はインターンシップ先企業を選ぶのではなく、5つの分野から「プロジェクトテーマ」と滋賀県内を6つのエリアに分けた「参加可能エリア」を選択。同県のインターンシップ運営事務局が企業と学生のマッチングを行い、学生にインターンシップ先を提示することで「偶然の出会い」を楽しんでもらうというユニークな仕組みを取り入れている。学生の視野を広げるといった教育効果の高さと共に、地方創生賞の設立趣旨である「その土地で生きていく」ことを学生自身が印象強く体験できるインターンシップの模範プログラムとして評価された。

続きをよむ
閉じる
受賞理由

【Wedding Produce Program】

実際のお客様の結婚式を学生主体で企画・運営し、ウェディングプランナーやチャペルコーディネーター、ドレスコーディネーターの仕事をチームで体験できる、延べ4カ月にわたる長期プログラム。仕事の疑似体験ではなく実際にお客様を募集する広報に始まり、お客様との打合せ、提案、当日の運営まで一連の業務を体験できる。学生がイメージしづらいにくいブライダルの目に見えにくい業務(挙式やパーティーに向けての準備、資料作成等)も体験できる点も魅力。創り上げる面白さだけではなく、仕事の難しさ、仲間と協力してやり遂げるチームワーク、社会人になることの心構えが学べるプログラムとして高く評価された。

続きをよむ
閉じる
  • 鹿児島大学
  • 大学
受賞理由

【鹿児島大学キャリア形成支援センター 課題解決型インターンシップ(地域キャリア・インターンシップ及びかごしま課題解決型インターンシップ)】

提示された課題に対して学生目線で解決策を提案する課題解決型のインターンシップ。職場適応力、課題解決力、プレゼンテーション力の向上を目的に、鹿児島県内の29の企業・事業所を受入先として、独自開発された36のプログラムを全学部・全学年に広く提供。課題解決、現場研修、事前・事後学習、成果報告、振り返りと、充実した10日間のプログラムに加え、60ページに渡る丁寧なガイドブックを作成し、学生は参加することによるメリット・デメリットを理解した上で目的を明確にしてインターンシップに参加できる点が高く評価された。

続きをよむ
閉じる
受賞理由

【100年先のまちづくり】

現場体験と企画・提案型プログラムがバランスよく組み込まれた10日間のインターンシップ。5日間の現場体験を経験した後、ビルのコンセプト立案からイメージ図面の作成まで行うコンペ形式の課題に挑む。実際に現地調査や提案資料作成までチームで競い合う形式。事前のオリエンテーションで各個人が目標設定を行い、最終日に1日かけてプレゼン及び個人へのフィードバックを実施するなど、学生個々人の成長を意識していた点が高く評価されました。

続きをよむ
閉じる
  • 東京都市大学
  • 大学
受賞理由

【海外インターンシップ】

国内企業の海外事務所だけにとどまらず、世界各国の企業・団体9か国26か所の国外就業体験を通し、海外での勤務体験を行える産学連携・単位認定型インターンシップ。しっかりとした事前学習に加え、国外で実践的な業務を複数の中から選択出来るのが魅力。また、大学が事前に現地訪問して環境を確認し、日報を大学に報告させて就業中のフォローも行うなど、学生に対する細やかなケアを行っている点などが評価されました。

続きをよむ
閉じる
受賞理由

【技術系/実習型インターンシップ】

社員約3,000人の協力のもと、34拠点・247テーマ(部署)を設定し、学生の専攻知識や志向に合わせて各部署で受け入れが実施される10日間のプログラム。参加学生の評価や大学訪問から要望を吸い上げ、順次ブラッシュアップがなされている。専門的な実体験とフィードバックの繰り返しを経ることで、知識理解の幅や深さ、多面的に思考する観点を身につけることができる。また、実習終了後期間を空け、学んだ経験を棚卸するコンテンツがあり、多様な社員との接触機会が提供されると同時に、学びとキャリアを接続させる工夫がなされている点も評価された。

続きをよむ
閉じる
受賞理由

【150以上の多様なテーマ設定で3週間の就業体験】

オリエンテーションにおいて、学生個々人が行動特性を考える為のワークを通じて目標設定を行い、日々の振り返りに利用する事で、気付きの機会を多く与えていた点や学生個々人にメンターをつける事で、より多くの情報提供や手厚いフォローを可能とした点が受賞のポイントとなった。全国各地の拠点でもインターンシップの受入を実施しており、地方学生も参加しやすい点も評価された。今回の審査を行った当アワードの学生部会においては今後高校生にもインターンシップを拡げようとする意欲を評価する声もあった。

続きをよむ
閉じる
授賞式の様子

キャリアデザインプログラムアワードについての詳細は下記URLをご覧ください。

主催

「学生が選ぶキャリアデザインプログラムアワード」
実行委員会

ページTOPへ