めざせ!
最強の
クリエイティブ集団

TBSグループは、放送事業を中核として、
番組連動を起点とする広汎な周辺事業および、
映像・文化、不動産、その他多岐にわたるメディア展開によって、
情報・娯楽から生活・文化に至るまで幅広く、
最強のコンテンツ・ソフトを提供し続けることのできる、
最良のメディア・グループを目指しています。

2021年3月6日(土)

TBSグループ
合同会社説明会2022

グループ経営のさらなる『効率化』と『安定化』を追求し、グループの企業価値と利益の最大化を図るため、2009年に持ち株会社制へ移行したのを皮切りに、新たな体制を模索する中で、新たな会社が次々に誕生しています。

最強のクリエイティブ集団を目指すべく、TBSグループの一員としてともに成長していきたいという意欲のある方を求めています。

イベント詳細はこちら

株式会社TBSアクト

美と技を極めて、新しい世界をめざす

事業内容

  • 番組制作、コンテンツ制作等における技術及び美術・CG関連の業務

仕事内容

カメラ、VE、照明、音声、デザイン、美術制作、道具コーディネート、音響効果、CG制作、編集、ステーション など

事業領域

テレビ
ラジオ
イベント
データ放送
通信販売
映画や舞台
雑貨・コスメ
フードサービス、コンビニ運営

職種

ディレクター
プロデューサー
カメラマン
編集
音声
MA
照明
CG制作
WEBデザイナー
デザイナー
技術スタッフ
記者
営業
SE
運営・進行管理
商品企画
接客・販売
プロジェクトマネージャー
音響
美術制作

2019年入社

成田 一貴

ステーション業務(回線)

写真:成田 一貴

入社動機

一言でいうと、「テレビの仕事って楽しそう!」と思ったからです。もともと小さい頃から見てきたテレビに興味を持っており、多くの人に情報を発信し大きな影響を与えるテレビの力に惹かれ志望しました。また、テレビ局で働いている人達は活気がありそうで、自分を成長させられると思いました。

仕事のやりがい

現在はTBSの回線業務に携わっています。回線業務はTBS局内に入ってくる信号の分配や中継の管制、アンテナの保守など行っております。オペレーションで携わった番組の中継などを無事に終えた時に大きな達成感が得られ成長を感じています。また、多くの人に発信、共有できているという実感がすごく湧きます。

2017年入社

大三島 弘女

メディア事業グループ 
メディアデザイン部

写真:大三島 弘女

入社動機

学生の頃、個人制作よりも大人数で制作する事の方が好きでした。それぞれの知恵を持ち寄ることで、自分一人では到底生み出せなかったアイデアがひねり出せたり、寄って集れば巨大な作品だって作れてしまうのが楽しかったからです。
テレビの世界も同じで、各セクションが一丸となってひとつのコンテンツを作っていくので、自分にぴったりだと思い飛び込んでみました。

仕事のやりがい

関わった番組について、家族や友人から、またSNS等から感想をもらえた時に、改めて「この仕事をしていて良かった」と思えます。自分の仕事は決して自分の中だけで完結せず、必ず世に出ていき、いろんな人の目に触れられて、少なからず反響をもらえることが本当に嬉しいですし、勉強にもなります。同時に、不特定多数の人に自分の仕事を見られているのだと思うと、身が引き締まる瞬間でもあります。

2013年入社

鈴木 真史

カメラマン

写真:鈴木 真史

入社動機

小さい時からテレビを見るのが好きでした。特にドラマや映画をよく見ていたので、映像を通じて人を感動させたり、元気付けたり、人の心に残る作品のカメラマンになりたいと思い、数多くのドラマ制作を手掛けているこの会社に入社しようと思いました。

仕事のやりがい

入社後、スポーツ中継の部署に配属となってカメラを担当、その後、ドラマ撮影の部署に異動し、撮影スタッフとして日々作品と向き合っています。両方の部署を経験して思うのは、スポーツ選手のパフォーマンスを捉えるのも、役者の素晴らしい演技を映すのも、リアルな一瞬の連続であり、それを我々カメラマンが試行錯誤しながら本気になって撮影した映像を視聴者に届けられるこの仕事はとてもやりがいがあるものだと思います。

株式会社TBSグロウディア

様々な事業を展開しているので、
たくさんのことにチャレンジできる会社です。

事業内容

映像・文化事業を手がけます。コンテンツの戦略的な多メディア展開を目指すコンテンツ事業から、通信販売をはじめとするショッピング事業、イベントやラジオ番組制作を行うイベント・ラジオ事業、そして、各種メディア向けのデジタルコンテンツ及びシステムの企画・開発を担うデジタル技術事業。幅広い事業内容でTBSグループ全体の成長を牽引するビジネスを生み出します。

仕事内容

■総合職
・イベント企画、運営等
・商品開発、ショッピング番組制作、EC関連(ディレクション、SE、プログラマー、デザイナー)等
・エンジニア(放送システム、データ放送やハイブリッドキャストの企画制作と送出管理)、IT関連新規事業
・番組の国内海外販売、映像DVD制作等

事業領域

テレビ
ラジオ
イベント
データ放送
通信販売
映画や舞台
雑貨・コスメ
フードサービス、コンビニ運営

職種

ディレクター
プロデューサー
カメラマン
編集
音声
MA
照明
CG制作
WEBデザイナー
デザイナー
技術スタッフ
記者
営業
SE
運営・進行管理
商品企画
接客・販売
プロジェクトマネージャー
音響
美術制作

2020年入社

徳竹 正行

インフラエンジニア

写真:徳竹 正行

入社動機

大学の学部がコンピュータ系だったので、必然的に就職先もIT系を探していました。ただどこの企業を見ても仕事の楽しさを見出せなく迷っていた時に、現在のTBSグロウディアを知りました。「放送」 x 「IT」という分野に興味を唆られ、絶対楽しい!と思ったのと、ITの力を放送業界にどう役立てるか、どう盛り上げるのか、試行錯誤をして新しい事にもチャレンジできる環境だと知り、ワクワクしたので入社を決めました。

仕事のやりがい

自分の仕事が、全国放送に関わるものなので、緊張感を持って仕事をしていますが、無事に完成した後の達成感は、仕事のやりがいに大きく影響しました。他にも放送局ならではの楽しい仕事があるので、仕事へのモチベーションにつながっています。また、幅広い仕事がある分、色々な技術に触れられるので自分が成長できる実感が持てます。毎日新しい発見があるので、刺激のある日々です。

株式会社TBSスパークル

映像メディアの世界すべてを網羅する、
日本最大級のスーパークリエイティブ集団です

事業内容

ニュースの取材、ドラマ、ドキュメンタリー、報道・情報、バラエティ、スポーツ、アニメ、テレビショッピング、海外大型イベント衛星生中継番組制作、その他各種TV番組の企画制作/中継、撮影、編集、MA業務/CM、webコンテンツ制作/舞台・各種イベント企画・制作・運営/映像ライブラリ販売/4K・8K最新高精細映像による番組制作・展覧会大型映像制作・劇場用映画制作 等

仕事内容

報道記者、報道カメラマン、映像編集、報道番組・情報番組・ドラマ・映画・バラエティ・アニメ・ドキュメンタリー・スポーツ番組のディレクター、プロデューサー、サブディレクター、最先端映像・各種イベントのディレクター、プロデューサー

事業領域

テレビ
ラジオ
イベント
データ放送
通信販売
映画や舞台
雑貨・コスメ
フードサービス、コンビニ運営

職種

ディレクター
プロデューサー
カメラマン
編集
音声
MA
照明
CG制作
WEBデザイナー
デザイナー
技術スタッフ
記者
営業
SE
運営・進行管理
商品企画
接客・販売
プロジェクトマネージャー
音響
美術制作

2017年入社

遠藤 怜子

報道局経済部 記者

写真:遠藤 怜子

入社動機

女性も報道現場の最前線で活躍している人がいることや、どの仕事も魅力的だった所です。面接でも話しやすくて安心感がありました。就活で特に重視したことは、質問されたら、すぐに返事ができるように新聞やインターネットなどあらゆるメディアから情報収拾することを心がけていました。
TBSスパークルは報道・ドラマ・バラエティ・スポーツと挑戦できる場所がたくさんあります。若手でも報道現場の最前線で活躍できます!

仕事のやりがい

自分の仕事を一言で表すなら『みんなで駅伝』
ニュースが放送されるまで現場で取材する記者からカメラマンや編集マンなどいろんな部署の力があって放送しています。駅伝でたすきをつなげるように、最終的にはいろんな人の力があって毎日放送を出しています。
経済部では百貨店・外食・物流を担当しています。若手でも現場で積極的に取材できるようになったことにやりがいを感じます。

株式会社東京ビデオセンター

主力制作ジャンルは、情報、スポーツ、ドキュメンタリー

事業内容

  • テレビ番組企画・制作
  • 番組制作スタッフ派遣

仕事内容

■アシスタントディレクター
情報、スポーツ、ドキュメンタリー番組の演出業務

事業領域

テレビ
ラジオ
イベント
データ放送
通信販売
映画や舞台
雑貨・コスメ
フードサービス、コンビニ運営

職種

ディレクター
プロデューサー
カメラマン
編集
音声
MA
照明
CG制作
WEBデザイナー
デザイナー
技術スタッフ
記者
営業
SE
運営・進行管理
商品企画
接客・販売
プロジェクトマネージャー
音響
美術制作

2010年入社

野月 直人

「びるおび!」ディレクター

写真:野月 直人

入社動機

TV番組を通して自分が知らない世界を知ったり、自分が感じたこともない他人の苦悩や喜びを感じたことは、誰しも経験があると思います。自分自身が知らないことを知りたいのは勿論、世の中に埋もれがちな物事を多くの視聴者に“伝えられる”この仕事に魅力を感じたのが一番の動機です。その魅力は10年間やってみても変わらず日々実感しています。TVの仕事の中でも、やはり【ディレクター】だから一番感じるのだと思います。

仕事のやりがい

テレビの仕事の目的は“伝える”こと。物事を視聴者に対し、如何にわかりやすく・興味深く・間違いなく伝えるか・・・それが使命です。法的・倫理的に問題が無ければ、方法は“なんでもあり”。「面白かった」「わかりやすかった」と言ってもらえることが一番の喜びです。
第一線で活躍している著名人に直接インタビューできる場合もあるし、メディアでなければ絶対に入れない場所に入れることもある。新しい体験の連続です。