つくろう。つぎの変化を。僕らだけの「comfort」を。

つくろう。つぎの変化を。
僕らだけの「comfort」を。

クルマは今、大変革期にある。エンジンはモーターに、ガソリンは電気に変わってきている。
例えば10年後、空を飛ぶクルマが発売されても、もう驚かない時代だ。
僕たち林テレンプは、クルマの室内空間をトータルプロデュースしている会社。
特定の自動車メーカーに縛られない完全なインディペンデント企業として、
どの会社とも違う、僕らにしかできない「comfort(快適空間)」をつくってきた。

この先、クルマの自動運転技術が進み、人間がハンドルを握らなくなったとき、
クルマは「走るモノ」から「過ごすモノ」へと変わる。睡眠をとるための、
本を読むための、仲間と一緒に楽しく過ごすための、「comfort」とは何だろう。
空飛ぶクルマの室内が、どんな空間だったら、人々は快適だと感じるだろう。

時代の変化を待っていてはつまらない。僕らがつぎの変化を生み出すんだ。
はじめて通る道を、はじめてぶつかる困難を、むしろ楽しんでいこう。
クルマの未来はきっと想像以上だ、みんながワクワクしたり、ほっとしたり、
喜びや幸せを感じられる、そんな特別な「comfort」をつくっていこうじゃないか。

MOVIE
スペシャルムービー公開中



ABOUT USABOUT US
林テレンプについて
  • 自動車内装部品の
    トータルサプライヤー
    林テレンプは部品メーカーであるとともに、内装(インテリア)のプロデューサーとして複数の部品メーカーを取りまとめていく“システムサプライヤー“。また、特定の自動車メーカーとの資本関係がない独立系企業なため、トヨタ・ホンダ・三菱・日産・スズキ・スバル・ダイハツ・マツダ・日野・いすゞといった国内すべての大手自動車メーカーとの取引、そして最近では、海外のメーカとの取引も増えつつあります。
    自動車内装部品のトータルサプライヤー
  • 激変する自動車業界において革新的なモビリティ空間を創造
    激変する自動車業界において
    革新的なモビリティ空間を創造
    今、自動車業界は、CASE(Connected/Autonomous/Shared/Electric)と呼ばれる4つのトレンドによって根本から変革されようとしています。今後完全自動運転化を始めとした「自動化の波」によりモビリティ空間には、住まいと同じように「快適な移動空間」の価値が求められると考えています。既存概念に捉われず、「革新」をテーマにしながら、あらゆるニーズに対応した未来のモビリティ空間づくりに挑戦します。
    激変する自動車業界において革新的なモビリティ空間を創造
業界トップシェア
のヒミツとは?
  • 命を守るための内装部品
    命を守るための内装部品

    万一の事故の際、車内にはどんなエネルギーが加わるのか、林テレンプでは様々な衝撃安全開発設備で頭部・胸部・腹部・腰部など乗員のあらゆる部位に対する衝撃軽減を目指した実験を繰り返しながらユーザーの安全を追求しています。

  • 心地よい車内空間は音から
    心地よい車内空間は音から

    フロアカーペットなどに求められる役割の一つに、車内の遮音・吸音があります。頭上や脚元などの音の発生源や音の大きさのピークなどを考慮しながら内装材をバランスよく配置することで、車内の“快音化“を実現しています。

  • 次世代につながる素材を開発
    次世代につながる素材を開発

    内装部品はその種類や車種によって、見栄え・触感・強度・重量・耐久性・コストなどの求められる要件が異なります。それらの要望を実現するために新商品・新材料・新工法をテーマに、様々な研究開発を実施しています。

STRENGTHSTRENGTH
総合トータルプロデュースが
林テレンプの強み

クルマのここちよさを、もっと広く、もっと深く。
を企業理念とし、
林テレンプは自動車内装部品メーカーとして、
付加価値の高い製品づくりを行っています。

  • 研究開発
    内装部品の素材から仕様にいたるまで、
    様々な研究開発を行なっています。
  • マーケティングセールス
    システムサプライヤーとして、
    自動車メーカーと対等な立場から
    提案します。
  • 企画デザイン
    他部署と協力しながら、
    内装部品またはアフターパーツの
    デザインを考えます。
  • 設計
    デザインされた製品を生産できるように、
    多面的な図面へと
    落とし込んでいきます。
  • 生産
    効率的な生産に向けて、設備の手配や
    人員の配置、作業マニュアルの
    作成などを行います。
  • 品質管理
    製品に不具合がないかを確認。
    不良品が出た場合は、
    その原因を追求します。
  • 納入
    完成した製品は、
    全国の自動車組み立て工場へと
    運ばれていきます。
TELEMPU KEYWORDTELEMPU KEYWORD
キーワード

林テレンプを象徴するような
6つのキーワードをご紹介いたします。

  • KEYWORD 1
    独立系
    独立系

    国内全ての大手自動車メーカーと取引がある独立系企業。
    どの会社とも違う自由な発想で明日のここちよさを提案し続けています。

  • KEYWORD 2
    システムサプライヤー
    システムサプライヤー

    クルマの室内空間全体を考え、トータルプロデュースをしている会社です。
    皆さんの「こんなクルマがあったらいいな」が自分の手で実現できるかも?!

  • KEYWORD 3
    内装の将来性
    内装の将来性

    クルマは今、大変革期にあります。しかしどんなクルマになっても内装はより重要な役割を担うと考えています。


  • KEYWORD 4
    社風
    社風

    社内の風通しの良さは林テレンプの自慢です。
    チームパフォーマンスを大切に、自分の意見も言いやすい文化があります。

  • KEYWORD 5
    創業110周年
    創業110周年

    長い歴史の中で培った「先進技術」と「感性」を核とした総合力を発揮し、次のここちよさを具現化する製品づくりにこれからも挑戦していきます。

  • KEYWORD 6
    ハヤテレマインド
    ハヤテレマインド

    時代の変化を待つのではなく、特別な「comfort」を自ら生み出したい。
    林テレンプでは「挑戦心」「粘り強さ」「当事者意識」を大切にしています。