RECRUITING SITE

エントリー 採用HP

BUSINESS

仕事

最先端といつの時代も大切なことを融合し、
子ども主体の保育を実践

あい・あい保育園東池袋園は、2016年に開園した都市型保育園です。当園が大事にしているのは常に子どもたちの未来を見据え、子どもたち一人ひとりにとってベストなことは何なのかを考える保育。当社の場合、保育ロボット「VEVO(ビーボ)」や保育園運営管理システム「Child Care System」など最先端技術、小学校接続を円滑にする独自の就学前学習プログラム「PaL」、IQパズルなど時代に先駆けた取り組みもありますが、発達に欠かせないスキンシップなどの保育を行うことは不変です。成長にプラスとなる環境づくりの一環として、コーナー保育や、天然木の玩具、体を思いっきり動かせる大きな遊具などを導入しています。また、職員同士の良好な関係も子どもたちに与える影響は大きなものなので、職種、役職、クラスに関係なく、活発に対話ができる風土も重要です。対話を通して、互いに高められる関係づくりを実現し、誰にとっても安心出来る「皆の拠り所」となれる園を目指しています。

あい・あい保育園東池袋園
施設長 髙山 京子

INTERVIEW

社員紹介

先輩の存在と海外視察研修は、
私の成長を促してくれました

学生時代、実習の経験はありましたが、保育士としてしっかり仕事ができるのか不安だった私。その不安を解消してくれたのが、教育担当の先輩が1対1でアドバイスをしてくれる「1ON1」研修でした。「こうしたらいいよ」「こうしていこうか」と私の不安を察して先輩が導いてくださるので、安心して働くことができた1年目でした。また、私の意識を変えてくれたのは、「カンボジア視察研修」です。現地の文化や生活に触れたり、当社が設立した幼稚園にごみ焼却炉を造る体験もしてきました。日本では当たり前にある便利で快適な暮らし、教育ですが、世界に目を向けることで新たな認識が生まれました。元来、人見知りな性格ですが、研修後は周囲から「明るくなったね」と言われたのは、うれしいことでした。保育士としてはもっと多くの経験を積み、いずれ病児保育にも挑戦していきたいと考えています。

あい・あい保育園東池袋園
2017年入社 保育士 琴寄 叶子

ABOUT US

概要

もっと保育の仕事を楽しく、
魅力的に

当社では、子どもたちに十分な愛情と発達段階に応じた適切な関わりを行い、保育士としての専門性や人間性の向上に取り組んでいます。そしてICTの導入により、事務作業の負担を軽減し、子どもたちにじっくり向き合える余裕や子どもの安全・安心な保育環境の実現、さらには労働環境の向上にも貢献しています。また、当社の人材育成の基本的な考え方は、子どもに関わる仕事とはいえ、まずは社会人として適切な知識と能力を身につけること。社内教育では、その基本ともいえるコミュニケーションスキルを高める研修を1年目から継続的に実施していきます。主任、施設長といったキャリアだけでなく、現場で生まれた課題解決を学術的に研究するポジションも設け、保育の最先端を研究するチャンスもあります。皆さんには、多くの学びや経験を通じて、自身が成長することで保育の仕事がより楽しく、魅力的なものとなることを期待しています。

社長室 人財開発 新卒採用グループ 陸川 和裕