Human First 人を活かす。人が活きる。

トップに戻る

採用担当者メッセージ

黑川 健人

同僚、上司から言われた忘れられない言葉

「すべての責任は自分がとる。だから君のやりたいようにやりなさい。」私が3年目に所属していた部署の上司にいただいた言葉です。仕事をするうえで、もちろん仕事の内容・やりがいも重要なことですが、上司を含めた「働く環境」も大切だと認識した瞬間でした。3年目という若い年次でも、重要な仕事を任されることもあります。そんなときに背中を押してくれる存在がいること、それも当社の魅力の一つだと思います。
山田 寛

学生や同僚、上司から言われた忘れられない言葉

入社1年目右も左もわからず、不安な気持ちを抱え過ごしていた中、ふとした瞬間に上司から言われた言葉が「素晴らしい!」でした。一見何の変哲もなく、短い言葉ではありましたが、この当時の私にとってはとても嬉しく、また次の仕事も頑張ろうと思うには十分すぎる一言でした。その後月日は流れ、部下にふとした瞬間「素晴らしい!」と言っている自分がいました。仕事をする際、お互いを認め合える環境かどうかは非常に大切だと思います。これからも働く仲間との絆を大切にしながら仕事をしていきたいです。
工藤 史香

就職活動で最も大切なこと

就職活動はあくまでも人生の通過点です。大切なのは「どこに就職したいか」ではなく、将来の自分をイメージして「やりたいこと」や「なりたい姿」をできる限り明確にすることです。思い描いたイメージと、自分の目で見て肌で感じた企業の雰囲気を照らし合わせたうえで就職先を選んでください。そうすることで、入社前と入社後のギャップを埋めることができると思います。
小野 雄司

明治安田生命で働く魅力

働く仲間を大切にし、挑戦を応援してくれる環境が明治安田生命にはあります。仕事をしていれば、ときには不安なことや道に迷うこともきっとあるでしょう。しかしそんなときは必ず会社の仲間が自分を応援し、支えてくれます。だからこそ安心して困難な課題にチャレンジすることができます。思い切りチャレンジでき、大きく成長させてくれる風土が根付いていることが、大きな魅力の一つです。
草薙 明奈

同僚、上司から言われた忘れられない言葉

『失敗しても大丈夫だよ。なにかあってもチームのみんながついてるから!』
入社1年目で初めて担当をもった時に先輩から言われた言葉です。それまでは「きちんと担当できるか、ミスしてしまったらどうしよう」と不安ばかりでしたが、この言葉のお陰で恐れずに業務に取り組むことができました。仕事は1人で行うのではなく、チームで取り組むものです。私にはとても心強い仲間がいてくれるのだと実感できた言葉でもありました。
馬場 清聡

同僚、上司から言われた忘れられない言葉

入社当初、支社にて業務スタッフを経験しましたが、そのときの上司に「今後どのような場面でも、感謝の気持ちを持って仕事をすることが大切だ」と教わりました。これまで大きな壁にぶつかったときはいつも、周りの上司、同僚、部下が手を差し伸べてくれました。明治安田生命は働く仲間との絆がとてもすばらしい会社だと思います。
松尾 つぐみ

学生や同僚、上司から言われた忘れられない言葉

「見ている人は見ているよ」以前の部署で悩みがあった時、上司にかけていただいた言葉です。仕事をする中で、結果として評価されるに至らないこともありますが、常に自分の頑張りを見てくれている人がいると感じられる言葉は嬉しいものでした。また同時に身の引き締まる思いがしました。今もこの言葉を胸に、日々業務に取り組んでいます。
下野 拓真

同僚、上司から言われた忘れられない言葉

「当社は目に見えない商品を扱っている。だからこそ君自身の成長が当社の成長につながるんだ」これは私が以前上司から言われた言葉です。私はこの言葉をきっかけに仕事への責任感が強くなり、またどのようにすれば自分が成長できるかという点を強く意識して行動するようになりました。このように当社は人財を大切にし、実際に仕事の中で成長を実感する機会が多くあります。こうした環境で働くことができるというのは当社の大きな魅力だと感じます。
小林 朋輝

就職活動で最も大切なこと

「挑戦したい夢や理想の働き方をその企業で実現できるか」をしっかりと見極めることです。同業界・同業種でも今後めざすビジョンや働く環境はそれぞれ異なります。自分に合った企業を見つけるためには、多くの企業に足を運び、実際に働いてる方々の「生の声」を聴いて不安や疑問を解消しておくことが重要だと思います。これは、入社前後でのギャップの解消にもつながり、入社後スムーズに仕事を進めることができるはずです。