Internship

その企業「らしさ」は制度に表れる!
社員だけではなく、社員の家族も大事にする社風からきた休暇制度とは?
家族から「いい会社だね」と言ってもらえる会社。

タメニー株式会社

今回は広報の平田さんをお招きし、2022年9月30日にプレスリリースが出されたばかりのパートナーバースデー休暇について、制度制定の経緯と今回のリニューアルの背景をズバリお伺いしました!今回のリニューアルの背景には社員からの課題提起とその提案に対する迅速な経営判断があったエピソードは必読です!

今回お話を聞いた社員さん

平田 恵さん
大学卒業後、人材派遣会社に入社し、入社後わずか1年で課長に昇進。その後は高校野球のリポーターとして、5年ほどフリーで様々な現場を経験後、再び人材業界の勤務を経て、2016年9月にタメニー株式会社(旧株式会社パートナーエージェント)に広報として入社。2019年8月には人事部マネジャーを兼任、現在はタメニー株式会社の広報として取材対応や社内コミュニケーション等を担当。

社員だけではなく、
社員のご家族も大事にしたいという想いから生まれた制度

「よりよい人生をつくる。」を企業理念に、婚活、カジュアルウェディングを主幹事業とし、DX領域や、ライフスタイル、法人の各領域でサービスを展開しているタメニー株式会社。ブライダル業界を志望する学生は同業種の会社を併願で受ける傾向が強いため、タメニー株式会社の独自の休暇制度に驚き、興味を持つ学生が説明会で多いと話す平田さん。

女性が多く活躍する会社ならではの視点と、社員だけではなく、社員のご家族も大事にしたいという企業の想いを反映した休暇制度についてお伺いしてきました!

変わるきっかけは社員の一言。
制度の不公平をなくし対象を広げることで皆がより働きやすい環境づくり

杉山

休暇制度の対象範囲拡大のプレスリリースを拝見しました!

平田さん

ありがとうございます!2009年に制定した「パートナーバースデー休暇」を、2022年10月1日付で制度の対象範囲を従来の交際相手または配偶者のみだったところ、2親等以内の親族まで対象を拡充しました。

杉山

プレスリリースの記事で、今回の制度改定は、議題提案から決定まで1か月のスピード感というエピソードを拝見したのですが、1つの会社の制度がこのスピード感で決まることにびっくりしています。

平田さん

恋人や配偶者だけを「パートナー」と呼ぶ風潮ではなくなってきている中、社員の声が最終的な制度改定の後押しになりました。今回のように、社員の提案がきっかけで経営会議を経て制度改定に繋がったという結果が、全社員からの積極的な提案を容認する空気づくりにも繋がったと感じます。

杉山

今回の対象範囲拡大に伴い、社員さんの反応はいかがでしょうか。

平田さん

パートナーバースデー休暇を取得して、奥さんの代わりに1日家事をする男性社員や、奥さんにディナーデートをプレゼントした社員もいると聞いています。今までは、休暇制度は知りつつも自分事化出来ていなかった社員にも、これからは積極的に使っていってほしい休暇制度です。

杉山

その社員さん素敵すぎる……♡平田さんご自身はどのように休暇を使われる予定ですか?

平田さん

私は両親の誕生月が1月なので、年始の休暇と合わせて実家に帰省し、親孝行でもしようかなと…!

杉山

素敵ですね!色々なパートナーのカタチが今後も増えてほしいですね!

Share:

タメニー「らしさ」を社内外に
発信していく休暇制度

杉山

今回のパートナーバースデー休暇以外に、改定した制度はありますか?

平田さん

2010年に制定したプロポーズ休暇も、時代の流れや休暇取得の不公平さをなくすために変革を遂げています。従来の制度ではプロポーズを行うとき、または受けるときに休暇が取得できました。ただ、よく考えると女性側がプロポーズ「される」のかどうかってわからないですよね。

杉山

確かに…!前もって予告してもらえない限りはわからないですね。それに、されるかもしれないと思ってされなかった時が侘しさを感じざるを得ません…。

平田さん

そうなんです。プロポーズされると思い休暇を取得しても結果、その日にプロポーズをされないパターンもあったり、そもそもプロポーズ「される」かがわからない特性上、女性が取りづらいという声が社内からも上がっていました。そのため、取得の不公平さをなくすため2020年に制度改定した背景があります。

杉山

改定後はどのような変化があったのでしょうか?

平田さん

実際に取得している社員に聞くと、結婚後の各種書類の手続きや、両家挨拶などに利用しているようです。もちろん、女性でもプロポーズする側として取得するのも大歓迎です!

ライターの「ここが推し!」

会社の定める制度から、
その企業の思想を知ることができる

単なる「福利厚生」としてではなく、「なぜ、その制度を設けているのか」を知ることで会社が社員に何を求め、大事にしているのかという会社の思想を知ることができます。それは将来、自分がその企業で働いたら、をイメージする大事な要素になりえるのではないでしょうか。
事業展開や福利厚生だけが安定や安心の材料ではなく、その制度が理念と結びついているかはもちろん、自分のなりたい姿とマッチしているかまで考えるきっかけになってくれたら嬉しいと語ってくれた平田さん。大量の情報が溢れる社会において、様々な働き方や企業を選べる学生さんだからこそ、視点を変えるきっかけを与えてくれる企業の存在はとても貴重ではないでしょうか。

Company Profile

タメニー株式会社タメニー株式会社は、「よりよい人生をつくる。」という企業理念のもと、婚活、カジュアルウェディング、テック、ライフスタイル、法人・自治体向けの各領域でサービスを展開する東証グロース上場企業。成婚率業界No.1(※)の結婚相談所「パートナーエージェント」、カジュアルウェディングのプロデュース「スマ婚」、フォトウェディング「LUMINOUS」などを全国展開。2021年にAI診断機能を搭載した次世代型婚活アプリ「スマ婚縁結び」をリリースし、テクノロジーを活用したサービスも提供しています。2020年にパートナーエージェントから「タメニー」へ社名変更。※2022年1月㈱BTC調べ

Share:

推しカンパニー

推しテーマ一覧

OSHI