オンライン完結型 企画アイデアコンテスト 全国どこからでも気軽に参加可能!課題解決プロジェクト

Q 入選チーム発表!

テーマ提供企業:
日本マイクロソフト株式会社

地元じゃなくても移住したくなるような新しいスマートシティの形を提案してください

政府はスマートシティを「ICT 等の新技術を活用しつつマネジメントの高度化により、都市や地域の抱える諸課題の解決を行い、新たな価値を創出し続ける持続可能な都市や地域」と定義し、デジタル田園都市国家構想を推進していますが、皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?テクノロジーは手段であり目的ではなく、どれだけ便利でも魅力的とは限りません。皆さんが自分の地元ではない地方都市でも引っ越して住みたくなる、もしくは自分の家族や友人等の大切な人に住んでもらいたくなるスマートシティとはどのような機能や魅力を持つ場所でしょうか?

上位5チームの発表&
企画書紹介

1位
【1位】
チーム名:ひまわり 
所属大学:千葉商科大学

評価コメント

大学生として主体的なアイデアで、心に残る素晴らしい内容でした。海外含め、大学は街づくりの中心に据えられる存在であり、そこに集う学生の皆様が行動を起こせば地域コミュニティにも好影響を与えます。財源の確保やテクノロジーの役割、学生のインセンティブなど、更に選択肢が考えられると思いますし、例えば都市部と地方の大学が遠隔連携することも効果的と思います。ぜひこのアイデアを実現していただきたいです。

2位

【2位】
チーム名:SUTEKINE! 
所属大学:東京経済大学

評価コメント

分析や提案ロジックなど、プロフェッショナルな内容に感銘を受けました。防災は日本の重要政策であり、メタバースなどの活用はもちろん、何よりも現実コミュニティと融合させる着眼点が素晴らしいと思いました。本サービスはマイクロソフトが提供するというよりは、実際にアイデアを思いついた皆様が主体的にソリューション開発し、また、自然災害以外の有事にも応用可能ですので、海外展開等、ぜひ実現していただきたいです。

3位
【3位】
チーム名:マーベリック 
所属大学:中央大学

評価コメント

OFFを生きる、という点は日本人にとって非常に重要な着眼点であり、課題設定もすごく興味深い内容でした。BFというコンセプトや、日本の重要政策である農業に結び付けるアイデアも素晴らしかったです。あとは、本サービスが持続的に運用されるためのマネタイズなどのビジネスモデルの深堀や、本サービスによってメリットを享受できる異業種プレーヤーの参入など、実現に向けて更にアイデアを深堀いただきたいです。

4位
【4位】
チーム名:おしゃれ番長 
所属大学:千葉経済大学

評価コメント

街づくりを考える際、衣食住の「衣」に注力した提案は初めて拝見し、主体性やユニークさなど、皆様の思い切ったアイデアを非常に高く評価します。ファッションは単なるおしゃれだけでなく、機能性や日々の生活の中で個人がモチベーションを上げる重要な要素だと思います。また、サービス実施の課題についても検討されており、それらに向けた更なる解決策などを深堀いただき、実現に向けて頑張っていただきたいです。

5位
【5位】
チーム名:BREWDOG 
所属大学:名古屋外国語大学

評価コメント

日本人にとって地球市民という考え方は非常に重要な着眼点です。また、まとめにも記載されていたように、課題や問題についても学びとして発信していくという文章に、チームの皆様の真摯な姿勢を感じました。あとは、外国人の受け入れに対して消極的な方々への意識改革や行動変容をどのように促すか等、多文化共生の実現に向けてアイデアを深堀いただきたいです。

佳作チームの発表

※下記の表示順は、チーム名の五十音順・アルファベット順です。評価の上下は関係ありません。

Eyesight(桃山学院大学)/石黒ゼミ3グループ(東洋学園大学)/エスペランサ(中央大学)/グループO(東京理科大学)/ クロワッサン(明星大学)/山椒魚(東北文化学園大学)/たこ焼きラボ(大阪大学、早稲田大学、京都大学) チーム1(東京理科大学)/チームプリン(青山学院大学)/デスターシャ(東京理科大学)/デリシャス(東北工業大学) 名前考え中(大阪商業大学)/箱入り娘(横浜国立大学)/間に合った(東京理科大学)/6月末の桜(中央大学)  

おわりに

改めましてたくさんのご応募、そして素晴らしいご提案をありがとうございました。入選された方もそうでない方も、そしてチャレンジしたこともない方も、今回の作品たちを参考に、ぜひ次回以降の課題解決プロジェクトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?!
みなさんからの応募お待ちしております。

(企画書は課題解決プロジェクト事務局にて一部編集・加工させていただきました。ご了承下さい。)

トップに戻る