オンライン完結型 企画アイデアコンテスト 全国どこからでも気軽に参加可能!課題解決プロジェクト

Q 入選チーム発表!

テーマ提供企業:
第一生命保険株式会社

あなたの親御さんの姿から「自身が20年後になりたい姿」を想像し、「今のうちから利用したくなる健康支援サービス」を当社の社員になったつもりで創ってください。

「人生100年時代」と表現される今の時代。将来にわたって、全ての人々が世代を超えて安心に満ち、豊かで健康な人生を送れるwell-being(幸せ)に貢献し続けられる存在であるとともに、持続的社会を実現したいと私たち第一生命は考えています。
その中において「若年層の健康意識向上」は非常に重要な課題だと捉えています。
そこで今回は、当事者世代である皆さんとともに皆さんのためのサービスを考えたいと思っています。ぜひ既成概念に縛られず、皆さんの価値観を大切にしてユニークなプランをご提案ください。

上位5チームの発表&
企画書紹介

1位
【1位】
チーム名:変化球 
所属大学:日本大学

評価コメント

「メンタルヘルス」×「地域貢献」の観点から複眼的に事業を捉えた点に独創性があり、加えてボトルネックや想定されうる状況に応じた解をしっかりと提示できている点に完成度の高さを感じました。また、緻密なペルソナ設定をはじめとして深い洞察が行われたプレゼンテーションであった事も高評価の理由となりました。強いて言えば、提案内容の実現可能性の観点をより意識できていれば更にレベルの高い内容になったと思います。

2位

【2位】
チーム名:チーム伊達 
所属大学:東北大学

評価コメント

SNSやマッチングアプリ等を積極的に活用するZ世代ならではの切り口でとてもユニークな内容だと感じました。また、幅広い世代の身体面と精神面をサポートしつつ、生命保険会社ならではの付加価値も提案されている点が好印象でした。生命保険業界および当社の理解を深めた上、具体的な施策について検討いただけていれば更に良い内容になったと思います。

3位
【3位】
チーム名:GrooBees 
所属大学:大阪大学

評価コメント

日本国内という枠に捉われずにグローバル目線で斬新な発想ができていただけでなく、プレゼンテーションもメリハリが利いており非常に分かりやすい内容だと感じました。また、生命保険業界および当社の理解もできていましたが、提案いただいたサービスを当社が提供する意味やお客さまにとってどんなメリットがあるのかを伝えられれば尚良かったのではないかと思います。

4位
【4位】
チーム名:河野ゼミレディース班 
所属大学:横浜国立大学

評価コメント

自身や周囲の意見を踏まえながらターゲットを明確にできているだけでなく、「健康増進」や「女性活躍推進」など提供したい価値から逆算して考えられている点が秀逸だと感じました。また、当社との親和性も高い内容だと思いましたが、提案いただいたアプリケーションの具体的な利用方法や効果についてもう一歩踏み込んで考えていただければ、より説得力のある内容になったと思います。

5位
【5位】
チーム名:フードファイター 
所属大学:東洋英和女学院大学

評価コメント

歯の健康が認知症や脳疾患の予防に繋がるだけでなく、ひいては健康寿命の延伸に繋がるという点にオリジナリティがあり、一見すると関連が薄そうなテーマから洞察を深めることの大切さを改めて学ばされました。提案いただいた「歯の健康保険」が具体的にどのような商品なのかについて言及されていれば、より説得力のある内容となったのではないかと思います。

佳作チームの発表

※下記の表示順は、チーム名の五十音順・アルファベット順です。評価の上下は関係ありません。

あおみどり(名城大学)/いちごっち(武蔵野大学)/えぎぃ(東洋大学)/推ししか勝たん!(名古屋外国語大学)/勝ったら回らない寿司(横浜国立大学)/キウイ(東京理科大学)/健康意識推進委員会(桃山学院大学)/たくや(産業能率大学)/チーム孫GONG☆彡(産業能率大学)/チームD4(日本大学)/てんとうむし(東洋英和女学院大学)/茄子YASAI(横浜国立大学)/にゃんにゃんクッキー(大東文化大学))/はじめてのおやこうこう(横浜国立大学)/八海山(日本大学)/ハッパン(産業能率大学)/まつぼっくり(摂南大学)/good day(大東文化大学)/minminzemi(京都産業大学)/Sprout(奈良女子大学・広島大学)/THK(名古屋外国語大学)/YEAA(東京理科大学)

おわりに

改めましてたくさんのご応募、そして素晴らしいご提案をありがとうございました。入選された方もそうでない方も、そしてチャレンジしたこともない方も、今回の作品たちを参考に、ぜひ次回以降の課題解決プロジェクトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?!
みなさんからの応募お待ちしております。

(企画書は課題解決プロジェクト事務局にて一部編集・加工させていただきました。ご了承下さい。)

トップに戻る