Topics

面接の受け方

Index

面接の種類

インターンシップ選考の面接は、大きく分けて個人面接と集団面接(グループ面接)があります。また、個人面接だけ、あるいは集団面接だけを1回行う企業もあれば、1回目に集団面接を行い、2回目に個人面接を行うという具合に、何段階かに分けて選考を行う企業もあります。インターンシップを申し込む企業が決まったら、面接の種類、回数を募集要項で確認しておきましょう。

下記に、面接の種類と特徴についてまとめました。対策を立てる際の参考にしてください。

○個人面接

学生1人に対して面接官1人、もしくは複数人で行われ、面接官の質問に対して学生が答える形式で進められます。集団面接のようにほかの学生を意識する必要がないので、準備してきた回答を落ち着いて伝えることがポイントです。

○集団面接(グループ面接)

複数人の学生に対して、面接官1人もしくは複数人で行われます。面接官の質問に対し、学生が順に答えていくため、個人面接に比べると回答時間が限られます。短時間で的確に質問に答えられるように準備しておきましょう。
また、集団面接では、ほかの学生が話しているときの態度もチェックされています。自分が話す順番ではなくても気を抜かず、ほかの学生の話を聞く姿勢を保ちましょう。

○グループディスカッション

企業によっては、面接時にグループディスカッションを行う場合があります。グループディスカッションは、企業から与えられたテーマについて、グループで議論して結論を導き出すものです。テーマは、「新事業の企画を考える」「クライアントの課題を解決するにはどうすればいいか」といった事業に関係したテーマや、時事問題に関係したものなどがあります。
面接官は、メンバー各自の考えはもちろんのこと、グループ内での役割や協調性などもチェックしています。自分の意見を言うだけでなく、ほかのメンバーが発言しやすいよう配慮することも大切です。

○WEB面接・動画選考

近年は、WEB面接や動画選考を行う企業も増えています。WEB面接は、オンラインでリアルタイムに面接が行われます。動画選考は、「自己PR」「学生時代に取り組んだこと」などのテーマについて話す自分の姿をスマートフォンなどで撮影し、提出した動画をもとに選考が行われます。
WEB面接や動画選考がある場合は、通信環境やWEB面接・動画選考ならではの注意点を事前に確認しておきましょう。
マイナビでは、WEB面接や動画選考の対策法を学べるコンテンツも用意しています。ぜひ参考にしてください。

対策のポイント!

  • 面接の種類と特徴を把握しておきましょう。
  • 近年はWEB面接・動画選考も増えています。通信環境や、WEB面接・動画選考ならではのポイントを確認しておきましょう。

Share:

面接対策のポイントと回答例

個人面接、集団面接、グループディスカッション、WEB面接・動画選考など、面接にはさまざまな種類がありますが、いずれの場合も、自分がインターンシップに参加するのにふさわしい意欲・知識・スキルを持った人物であることを面接官に伝えることが大切です。
そして、そのためには、事前に質問を想定して回答を準備しておく必要があります。そこでここでは、インターンシップ選考の面接でよくある質問と、回答のポイントを紹介します。

○質問例1 「あなたが学生時代にがんばったことは?」

・回答のポイント

インターンシップの面接でよく聞かれる質問の一つです。「がんばったこと」を単に説明するだけでなく、がんばろうと思った経緯や、がんばった結果どうなったのかという点についても簡潔に説明しましょう。
なお、自分をよく見せようとするあまり、経験や功績を「盛る」のはNGです。

・回答例

大学祭の実行委員に参加し、オンライン大学祭を開催したことです。
私は、高校生向けに講義やサークル活動の様子を紹介する動画制作チームに配属され、チームリーダーを任されました。オンライン大学祭の開催日に合わせて動画をアップロードしなくてはいけないため、チームのメンバーと綿密にコミュニケーションを図るのはもちろんのこと、教授やサークルの部長とまめに連絡を取りながら、進行状況を徹底して管理しました。
中には協力的ではないサークルもありましたが、動画制作の意義をしっかりと伝えることと、相手の意見に耳を傾けることを徹底し、最終的にはすべての講義、サークルの協力を取り付けて動画を完成させることができました。この経験を通じて、同じ目標に向けてチームを動かすやりがいと、相手の意見をしっかりヒアリングすることの大切さを学びました。

○質問例2 「自己PRをお願いします」

・回答のポイント

これもよく聞かれる質問です。エントリーシートの質問項目と重複している場合は、エントリーシートに書いた回答をそのまま読み上げたりせず、内容をより掘り下げて答えるようにすることが大切です。
なお、低学年の学生であれば、回答例のように高校時代のエピソードを使ってもかまいませんが、できるだけ最近のエピソードを話せるようにしておきましょう。

・回答例

私の強みは、粘り強く最後まで取り組むことです。
高校時代、私はバスケットボール部に所属していました。部には自分よりも上手な部員が多く、2年生の冬までずっと補欠でした。なかなか試合に出られず、辞めようと思ったこともありましたが、授業開始前と部活後に、スリーポイントシュートを連続で5本入れるというノルマを自分に課し、毎日欠かさず取り組みました。その結果、ついにレギュラーになることができ、高校最後の試合ではスターティングメンバーに選ばれました。
この経験を生かして、今回のインターンシップのプログラムの一つである営業同行に粘り強く取り組み、受注につなげたいと思っています。

○質問例3 「インターンシップで学びたいこと、
身に付けたいことはなんですか?」

・回答のポイント

この質問を通して面接官が知りたいのは、「応募者がインターンシップに強い意欲を持っているか」「インターンシップで成長できる人材か」という点です。インターンシップのプログラムを通じて自分が何を得たいのかという目的を、しっかりと伝えましょう。
加えて、インターンシップの経験をどのように生かしたいのかというビジョンまで言えると、面接官に前向きな印象を与えることができます。
この質問では、インターンシップ企業の事業やプログラムの内容に結び付けて回答することが求められるため、事前にしっかりとリサーチしているかという点もチェックされています。

・回答例

御社のインターンシップのプログラムでは、社員の方の指導のもと、ポータルサイトの運営に参加できます。私は以前より、コンテンツプロバイダー事業におけるサービス提供の仕組みに関心があり、今回はその仕組みに関われる貴重な機会と考え、応募いたしました。
私が、IT業界、特にコンテンツプロバイダー事業に関心を持つようになったのは、サークルのホームページ開設と運営を担当したのがきっかけです。インターンシップに参加できましたなら、ポータルサイト運営に必要なノウハウと、ほかのポータルサイトと差別化を図る方法について、積極的に吸収できればと思っております。
そして、インターンシップ終了後は、インターンシップで学んだ知識やスキルをサークルのホームページに反映しながら、ポータルサイト運営についてさらに学んでいきたいと考えています。

○質問例4 「質問はありますか?」

・回答のポイント

面接の最後に、面接官から「何か質問はありますか?」と質問されることがあります。「とくにありません」と答えてしまうと、インターンシップ先の企業やプログラムに興味関心がないという印象を与えてしまうので、あらかじめ質問を準備しておくことをおすすめします。質問は、前向きな姿勢や意欲、積極性が感じられるものがいいでしょう。

・回答例
  • インターンシップ参加までに、準備しておいた方がいいことはありますか?
  • 私は大学で〇〇を選考しており、御社の事業に生かせると思っておりますが、そのほかに必要な知識やスキルがありましたら、教えていただけますでしょうか?
  • この仕事のやりがいを教えていただけますでしょうか?
  • 御社が新入社員に求める人間性とはどのようなものでしょうか?
  • 御社には○○という事業がありますが、実際に御社に採用していただけたとしたら、その事業に携わることは可能でしょうか?大学祭の実行委員に参加し、オンライン大学祭を開催したことです。

  • 私は、高校生向けに講義やサークル活動の様子を紹介する動画制作チームに配属され、チームリーダーを任されました。オンライン大学祭の開催日に合わせて動画をアップロードしなくてはいけないため、チームのメンバーと綿密にコミュニケーションを図るのはもちろんのこと、教授やサークルの部長とまめに連絡を取りながら、進行状況を徹底して管理しました。
    中には協力的ではないサークルもありましたが、動画制作の意義をしっかりと伝えることと、相手の意見に耳を傾けることを徹底し、最終的にはすべての講義、サークルの協力を取り付けて動画を完成させることができました。この経験を通じて、同じ目標に向けてチームを動かすやりがいと、相手の意見をしっかりヒアリングすることの大切さを学びました。
インターンシップ募集情報は、
まずはここから