Topics

社会人になって2、3年目の先輩たちに、学生時代には知ることができなかった会社のあれこれについて、ホンネで語ってもらいました!
あわせて実施された、若手社会人100人を対象にしたアンケート調査の結果も公開。若手社会人のリアルな本音を感じてみてください!

『先輩たちはどんな学生時代を送ったのか?』気になる後編はこちら

座談会参加者

Aさん:
社会人2年目、外資系総合コンサルタントファームに勤務。学生時代に留学するなど行動派。

Bさん:
社会人3年目、飲料メーカーの営業職。学生時代は運動部で汗を流したバリバリの体育会系。

Cさん:
社会人3年目、広告代理店に勤務。学生時代は勉強よりも遊び優先なムードメーカー。

Dさん:
社会人3年目、システムエンジニアとして活躍中。学生時代から探求心溢れる研究者タイプ。

Eさん:
社会人2年目、編集プロダクションでライターとして勤務。学生時代はマンガ、アニメが大好きなサブカル男子。

入社して「やりたかった仕事」はできている?

Eさん

実際に働き始めたら、「仕事内容が思っていたのと違っていた」っていうのは結構「あるある」ですよね。自分の友達でも一人、それが理由で早々に辞めてしまった人がいました。

Bさん

ありますよね。自分はいま飲料メーカーの営業をしていて、得意先にサンプルを持って行くなど体力仕事な部分がけっこう多かったのが意外でした。自分は元々が体育会系なのでこなせたんですけど、予想していなかった人はキツイんじゃないかな。

Cさん

私はすごく好きな俳優さんがいて、「もしかして会えるかも!」っていうちょっと不純な動機で広告代理店に入ったところがあって(笑)。そわそわしながら入社したんですけど、配属された部署が芸能人とは接点のないデータマーケティングの部署で……。芸能人どころか毎日ずっとエクセルを見ているみたいな地味な生活です。

Eさん

わかるなぁ。自分もWebライター志望だったので、すぐに取材して記事を書けると思っていたんですけど、最初はほかのライターさんが書いた記事のチェックとかばかりで、いつになったら自分で書けるんだろうとモヤモヤしていました。

Aさん

私が入社した外資のコンサルティング会社では、新人研修のときディスカッションや結果のプレゼンなど、わりとガンガン人前に出るような内容がメインだったんです。だけど、実際の現場では圧倒的に末端の仕事が多くて。Cさんが言ったみたいに、ずっとエクセルを見ているとか、忙しくて時間がない上司の代わりにスケジュールの調整メールをひたすら送るとか、ギャップがえげつなかったですね。

Dさん

業務内容もそうですけど、お客さんとの関係でもギャップってありましたね。「こうした方がいい」と思って提案してみても、予算の関係だったり、担当者が決定権を持っていなくて通らなかったりして、自分の目指しているところと求められる結果の違いがあるのも最初は納得できなかったですね。

実際に働き始めてみて、「仕事内容が考えていたものと違う」と感じた人の割合は、なんと、70%超! イメージとリアルの間には大きなギャップがあるようです。

やたら“デキる”同期に脅威を感じた経験ってある?

Cさん

入社して、めちゃめちゃ“デキる”同期にへこまされた経験ってあります? 私の場合だと、オンライン研修で1人5分ずつみんなの前で自己紹介する機会があって、そのとき、みんなちゃんと自己紹介の資料をつくってきて話すんですよ。それだけでも圧倒されたんですけど、「パリコレでインターンしていました」とか、「海外出身です」「インターハイに出ました」みたいな発言がポロポロ出てきて。
仕事内容ですごいとかじゃないですけど、生きてきた道が違うな、みたいな(笑)。私は普通に私立の文系で、勉強もしないで遊んでいたので、これはやばいなって焦りましたね。

Bさん

最初にガツンとマウント取られた感じですね(笑)。スタートダッシュじゃないけど、「最初にかましとけ」って人は結構多いかも。

Dさん

でも、できる人が横にいると焦りますよね。同期の一人は、入社の段階で「仕事に必要な大体の資格は持っています」って、社内の先輩が苦戦している資格ですら取得していました。

Aさん

特定の業界を目指していた人って、だいたい大学時代から専攻で学んでいますよね。私の会社は外資系なので、英語ができるのが有利になるかと思っていたんです。けれど実際はコンサル系の会社って、経済や経営を勉強していた人が目指す業界なんですよ。自分はこれまで学んできていなかったので、周りの能力の高さというよりも、自分ができなさすぎてびっくりしました。

Eさん

確かに自分の足りない部分が突きつけられますね。同じ新卒なのにビジネスマナーが完璧な人がいて、「どこで学んだの?」って、嫉妬を通り越して圧倒されますもん。

Bさん

自分も似たような経験あるなぁ。大学の友達で、ビジネスマナーもバッチリで、上司や先輩たちと物怖じせずに対等に話せるような人がいて、「すげぇな」と思って。
それで、1回聞いたんですよ。なんでそんなにできるのか。そうしたらじつは言わなかっただけで、インターンに行ったり、早くから就活始めたりしていたらしくて。やる人はちゃんとやってるんですよね。

同じ新卒のはずなのに……。できる同期の能力の高さや知識の多さに驚かされた人も多いようです。自分ならできると油断していると、思わぬところで足をすくわれるかも。

ぶっちゃけ、今の職場環境をどう思っている?

Cさん

広告業界だとカレンダーが関係ない案件もあるので、休日も普通に働くし、月曜の朝一が会議だと土・日ちょっと作業しなきゃいけないこともあるので、思っていた以上にハードですね。
学生時代はバイタリティーがあることが自慢で、アルバイトを4つ掛け持ちしていたので、「めっちゃ働くぞ!」って気持ちで入社したんです。それにもかかわらず、「あれ? 想像以上に働くな」みたいな(笑)。

Bさん

それって気をつけないとですよね。自分の職場も、「休日出勤あたりまえ! 残業するのが偉い!」みたいな雰囲気あるので、ついついキャパシティ以上に働いてしまって、あとからしんどくなったりして。
ある程度想像していた環境ですけど、学生時代の想像をはるかに超えるというか……。職場のみんなはいい人たちだし、雰囲気もいいんですけど、環境によって自分のペースをキープできなくなっちゃう場合もあるかも。

Eさん

うーん、自分はその逆かも。バリバリ働いてスキルを身に着けたいと思っていても、望むような仕事が来なくて少し物足りなさを感じるときがあって。業界や会社の状況もあるんですけど、自分にとっての理想の働き方を考えたうえで職場を選ぶべきだったかなって。

Dさん

でも、環境で職場を選ぶってかなりハードル高いですよね。私の職場は中途採用の方が多くて、「できるでしょ?」ぐらいの感じで仕事を振られることがあるんですけど、じつは全然大丈夫じゃなかったりして(笑)。こういうのって、なかなか外からじゃわからないですもんね。

Aさん

うんうん。一緒にチームを組むことになった人が、育休明けでちょくちょく休まなきゃいけない人だと、気を使って私は有給を取らないようにするとか、あとからの要因で環境が変わることもありますからね。

Eさん

みなさん、お給料はあまり不満ないですか?

Dさん

特に感じてないかなぁ。

Aさん

逆に「こんなにもらっちゃっていいの?」って思ったことはありました。「研修を終えたばかりのヒヨコ社員なのに」って罪悪感があって。期待値がお給料とイコールになっていると思うと、プレッシャーでしたね。

Bさん

えー! うらやましいなぁ。自分は営業職だから成果が給料に反映されるというか、結果が全てなので、最初はキツかった。新人のうちは配慮してよって泣きたくなったもん。

Cさん

お給料の金額よりも税金の方がショックだったかな~。

4人

分かる!(笑)。

Cさん

こんなに働いたのに、税金でけっこう取られることを社会人になって初めて知ってショックだったよね。あれは学生時代から知っておいた方がいいかも。

70%を超える人が今の職場環境に満足していないようです。お給料や休日だけでなく、残業の取り扱いや飲み会の有無など、職場環境を決める要素はさまざま。100点満点の環境は難しいかもしれませんが、気持ちよく働きたいものですよね。

よき思い出? それとも後悔?
若手社会人が学生時代を振り返った後編はこちら

Share:

#想定外 を付けて、みんなが印象に残っている
想定外な出来事をシェアしよう!

同世代のみんなの考えを知ろう