最終更新日:2024/7/4

公益財団法人日本道路交通情報センター

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 公益・特殊・独立行政法人
  • サービス(その他)
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • 情報処理
  • 放送

基本情報

本社
東京都
PHOTO

ラジオでよく聞いていたJARTICに入社して

  • M.M
  • 2021年入社
  • 私大
  • 人間文化学部 歴史文化学科
  • 大阪事務所 高速吹田センター
  • 道路交通情報の収集、電話、ラジオによる提供

会社・仕事について

現在の仕事
  • 部署名大阪事務所 高速吹田センター

  • 仕事内容道路交通情報の収集、電話、ラジオによる提供

入社のきっかけやこの会社に決めた理由は?

小学生の頃からラジオやテレビで道路交通情報をよく聞いていて、馴染み・親しみがあったことと、自分の存在意義を感じられる仕事、人とは違う変わった仕事がしたいと考えていたことから、入社を決めました。自分にしかできない、というと大げさですが、自分がやることに意味がある仕事をしたいと考えていました。また就職活動中に、利益を求めガツガツ営業をするような仕事は自分には向いていないと感じていたため、公益性の高い仕事である当センターなら、自分らしく働けるのではないかと思いました。


今、どんな仕事をしていますか?

業務内容は主に、情報収集、電話応答、ラジオ放送です。情報収集はパソコンに向かっての作業が中心で、場合によっては目の前の道路交通情報が表示されている大きなモニターで事故状況などを確認することもあります。電話応答はお客様からの道路交通情報に関するお問い合わせ(渋滞状況や所要時間など)に対して、その都度調べてお答えしています。ラジオ放送は聞いたことがあればおおよそ想像がつくかと思うのですが、放送前にそのときの道路状況を確認し原稿を書いて放送をしています。


職場の雰囲気はどうですか?

現在の職場にはJARTICの職員は自分含め4人しかいませんが、楽しく和やかな雰囲気で日々仕事をしています。社会人1年目でなおかつ初めて関西地方に来た私は、当初わからないことだらけでしたが、上司や先輩の皆さんがどんな些細な質問にも丁寧に答えてくださって本当にありがたかったし、素敵な職場だと思いました。また周りでは道路管理者(NEXCO西日本)の方たちが多く働いているのですが、その方たちとも良好な関係で、困った時にはいつも助けていただいています。


就活生のみなさんへ

私は就職活動がなかなかうまくいかず、途中で何度もめげそうになることがありました。また就職活動中に教育実習もあり、心身ともに疲れ切っていました。そんな私を一番間近で支えてくれた家族にはとても感謝しています。就職先がなかなか決まらない娘に対して両親はきっと不安を感じていたと思いますが、ずっと私を信じて応援し続けてくれました。皆さんのご家族もきっと皆さんのことを応援してくれていると思うので、ぜひ感謝の気持ちを忘れずに過ごしてくれたらいいと思います。


トップへ

  1. トップ
  2. 公益財団法人日本道路交通情報センターの先輩情報