最終更新日:2024/7/4

公益財団法人日本道路交通情報センター

  • 正社員
  • 既卒可

業種

  • 公益・特殊・独立行政法人
  • サービス(その他)
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • 情報処理
  • 放送

基本情報

本社
東京都
PHOTO
  • 1年目
  • 法学部
  • 事務・管理系
  • クリエイティブ系

道路交通情報を正確に伝える

  • S.A
  • 2022年入社
  • 私大
  • 法学部法学科
  • 福岡事務所 鹿児島センター
  • 道路交通情報の収集、電話、ラジオ・テレビによる提供

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 地域社会・地域密着型の仕事
  • チームワークを活かす仕事
  • 社会インフラを支える仕事
現在の仕事
  • 部署名福岡事務所 鹿児島センター

  • 仕事内容道路交通情報の収集、電話、ラジオ・テレビによる提供

入社のきっかけやこの会社に決めた理由は?

入社のきっかけは、自分自身の経験にあると思います。
日頃ニュースを見ていて、近年、激甚な災害が頻発していると感じていました。さらに、数年前に地元が台風の被害に見舞われたことから、災害時、人の役に立つ仕事がしたいと考えていました。また、運転免許を取得して、自分で車を運転するようになったことで、道路交通情報について関心が高くなっていました。
このようなことから、道路交通に関わる仕事がしたいと考え、採用面接を受けました。私は、情報を伝えるということにも興味があったので、道路交通情報を伝えることで、道路利用者の役に立ちたいと思い、入職を決めました。


今、どんな仕事をしていますか?

主に、道路交通情報の収集と提供を行っています。
道路交通情報の収集についてですが、道路管理者や警察から、事故や工事、災害などに伴う規制の情報を収集しています。管理者に直接お尋ねすることで、オンライン情報だけでは分からない詳細な情報も収集しています。
次に、道路交通情報の提供についてです。主に、ラジオ放送と電話応答を行っています。鹿児島センターでは、平日1日に18本のラジオ放送を行っています。正確な情報を分かりやすくお伝えするため、原稿を作成したり、自分が放送しやすいよう様々な工夫をするなど、事前準備を念入りに行っています。ただ、放送直前に新たな規制の情報が入ってくることがあります。そのような時でも、冷静に対応するよう心掛けています。
電話応答では、お客様から様々なお問い合わせを頂きます。お問い合わせにしっかりとお答えできるように、日頃から鹿児島県の地理や道路について勉強しています。また、災害時は非常に多くのお問い合わせを頂きます。大変ではありますが、道路交通情報の重要性を実感します。


職場の雰囲気はどうですか?

現在、鹿児島センターには4人在籍しています。人数が少ないので、日々のコミュニケーションが大切だなと感じています。基本的には複数人で勤務しますが、時間帯や曜日によっては、1人で勤務します。分からないことや不安に思っていることを、質問・相談しやすい環境なので、1人勤務でも不安はありません。また、有給休暇は取得しやすいと思います。実際に少し長いお休みを頂いて、実家に帰省するなど、仕事とプライベートにメリハリをつけることができると思います。


JARTICの職員になって

JARTICの職員になって変化したことがいくつかあります。
まず、入職前に比べ、交通安全への意識が高くなりました。日々、様々な道路交通情報を耳にしているので、車を運転したり、街中を歩く時に、入職前に比べ交通安全には非常に気を付けるようになりました。そのため、放送や電話応答では、道路利用者の皆様に安全に道路を利用して欲しいという思いで、情報をお伝えしています。
次に、入職前は、地図を見たり、覚えたりすることが苦手でした。しかし、現在は、苦手意識がなくなり、面白いと感じています。これからも知識を深めていきたいと思います。


トップへ

  1. トップ
  2. 公益財団法人日本道路交通情報センターの先輩情報