最終更新日:2024/5/27

メディカルシステムネットワークグループ【なの花薬局】[グループ募集]

  • 上場企業

業種

  • 調剤薬局

基本情報

本社
北海道、東京都
資本金
非公開
売上高
1,095億(2023年3月期)
従業員
4,881名うち薬剤師1,979名(グループ2023年12月末現在、パート等含む)

「地域の医療インフラ」として地域に寄り添い、 医薬連携による細やかなケアを実現

  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます
  • モーダルウィンドウを開きます

会社紹介記事

PHOTO
全国に450店舗以上展開している“なの花薬局”。地域密着型店舗の割合が73%と高く、地域の人々の暮らしや人生に寄り添う”地域薬局”であることを使命としています。
PHOTO
早くから在宅医療に取り組んできた中で培ったノウハウをマニュアル化し、全店舗・全社員が在宅医療に関わることができる環境を構築。在宅医療の質の向上を図っています。

「地域の医療インフラ」として地域に寄り添い、 医薬連携による細やかなケアを実現

PHOTO

栄養士による栄養相談をはじめ、OTC医薬品の販売、健康フェアの実施、運動プログラムの動画配信など「薬だけじゃない薬局」を目指しています。

地域住民の健康を支えるグループとして、医療と生活の基盤を創造すること。
人々の暮らしと心に寄り添い、生きる喜びを支える存在として、いつもそこにいること。
住み慣れた場所で生涯安心して暮らせる「まちづくり」の一翼を担うこと。
すべては、地域の笑顔と未来のために。

◆長年培った在宅訪問の歴史
業界トップクラスの在宅キャリアを持つなの花薬局。長年にわたり培ってきた在宅訪問のノウハウをマニュアルにし、全店舗・全社員が在宅業務に関われる環境を構築。同時に、専門的な知識・技能を磨ける在宅訪問の基礎・応用研修、無菌調整などの実践研修等を実施し、がん治療や緩和ケアなどに対する適切な医療処置が必要な患者さまにも対応できる薬剤師の育成に取り組んでいます。

◆専門性とキャリアアップを同時に叶える制度
社内で認定した専門性の高い外部資格取得と、その専門性の発揮を支援するCPサポート制度(CP=Community Pharmacist)があります。対象資格が30種類と豊富で、支援を受けながら臨床・教育・研究の専門性を高めることができます。

◆充実した福利厚生
なの花薬局は、社員が働きやすく、一人ひとりが活躍できる環境づくりを目指しています。広域勤務者への奨学金返済サポートや、旅行や遊びに割引チケット等が利用できる選択型福利厚生サービス、産休・育休・介護休暇制度の積極的推進や、全国のグループ社員間のコミュニケーションとワークライフバランスの観点から推進している社内サークル制度などがあります。

会社データ

事業内容
・事業内容:
地域薬局事業(保険薬局の運営、栄養指導、一般用医薬品等の販売等)
医薬品ネットワーク事業(保険薬局向け医薬品流通支援サービス等)
医薬品製造販売事業(後発医薬品の製造・販売)
デジタルシフト事業(かかりつけ薬局化支援)
賃貸・設備関連事業(医師開業支援、サービス付き高齢者向け住宅の企画・開発等)
給食事業(病院・福祉施設内での給食事業受託業務)
訪問看護事業(看護師等による療養生活支援)
※全応募会社共通

PHOTO

私たちは地域特性に合わせた薬局づくりを全国規模で展開。グループ会社との連携などを通じ地域医療に貢献しています。

本社郵便番号 060-0010
本社所在地 北海道札幌市中央区北10条西24丁目3番地 AKKビル
本社電話番号 011-612-1069
第二本社郵便番号 105-0001
第二本社所在地 東京都港区虎ノ門1丁目1番18号 ヒューリック虎ノ門ビル8階
第二本社電話番号 03-5532-1335
設立 2001年6月
資本金 非公開
従業員 4,881名うち薬剤師1,979名(グループ2023年12月末現在、パート等含む)
売上高 1,095億(2023年3月期)
事業所 ※2024年2月29日現在
・調剤薬局(なの花薬局、さくら薬局、永冨調剤薬局)
 452店舗
・コスメ・ドラッグストア
 9店舗
・ケアプランセンター
 1店舗
・訪問看護ステーション
 3カ所

■合計 465店舗
募集会社一覧 【北海道エリア】
(株)なの花北海道

【東北エリア】
(株)なの花東北

【関東・甲信越エリア】
(株)なの花東日本

【東海・北陸エリア】
(株)なの花中部

【近畿・中国・四国エリア】
(株)なの花西日本

【九州エリア】
(株)トータル・メディカルサービス
(株)永冨調剤薬局
北海道エリア 社 名 :(株)なの花北海道
代表者 :代表取締役社長 大倉 康
所在地 :〒060-0010 北海道札幌市中央区北10条西24丁目3番地 AKKビル
設 立 :1995年1月
資本金 :5,000万円
売上高 :非開示
東北エリア 社 名 :(株)なの花東北
代表者 :代表取締役社長 赤石 正志
所在地 :〒039-1165 青森県八戸市石堂二丁目24番30号
設 立 :1995年2月
資本金 :1億円
売上高 :非開示
関東・甲信越エリア 社 名 :(株)なの花東日本
代表者 :代表取締役社長 遠山 功
所在地 :〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目1番18号
     ヒューリック虎ノ門ビル8階
設 立 :1987年3月
資本金 :1億円
売上高 :非開示
東海・北陸エリア 社 名 :(株)なの花中部
代表者 :代表取締役社長 國松 一徳
所在地 :〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目23番20号
     HF桜通ビルディング5F
設 立 :2001年6月
資本金 :3,300万円
売上高 :非開示
近畿・中国・四国エリア 社 名 :(株)なの花西日本
代表者 :代表取締役社長 宇野 光裕
所在地 :【大阪本社】
     〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル7階
     【中四国事業所】
     〒723-0014 広島県三原市城町1丁目8番7号 啓幸ビル5F
設 立 :2003年1月
資本金 :1億円
売上高 :非開示
九州エリア 社 名 :(株)トータル・メディカルサービス
代表者 :代表取締役社長 大野 繁樹
所在地 :〒811-0119 福岡県糟屋郡新宮町緑ヶ浜4-17-22
設 立 :1990年4月
資本金 :2億8,166万円
売上高 :非開示
九州エリア(大分県) 社 名 :(株)永冨調剤薬局
代表者 :代表取締役社長 永冨 茂
所在地 :〒870-0952 大分県大分市下郡北一丁目4番45号
設 立 :1982年 10月
資本金 :3,000万円
売上高 :非開示
関連会社 ■(株)フェルゼンファーマ
■(株)ファーマシフト
■アグリマス(株)
■(株)北海道医薬総合研究所
■(株)パルテクノ
■(株)メディロジネット
なの花薬局 “なの花薬局”は、私たちが展開している様々な事業を通じて、医療・住まい・介護・予防・生活支援を一体的に提供する地域包括支援ケアシステムを構築しながら、チーム医療の一員として多職種と連携し、全国で愛される「地域薬局」を目指しています。
私たちが自ら「良質な医療インフラ」となり、地域の皆様の生涯を見守る「まちのあかり」として、各事業が連携し、まちづくりの視点から地域医療に貢献していきます。
沿革
  • 1999年9月
    • 札幌市中央区に医療機関の業務合理化、医薬品流通の効率化を目的として(株)メディカルシステムネットワークを設立
  • 2002年3月
    • 大阪証券取引所 ナスダック・ジャパン(現JASDAQ)上場
  • 2002年12月
    • (株)ファーマホールディングの株式を100%取得し子会社化
  • 2005年10月
    • (株)ファーマホールディングが(株)サンメディック及び(株)共栄ファーマシーの株式を100%取得し子会社化
  • 2007年1月
    • (株)シー・アール・メディカルの株式を100%取得し子会社化
  • 2008年9月
    • 東京証券取引所 市場第二部上場
  • 2010月6月
    • 東京証券取引所 市場第一部上場
  • 2012年11月
    • (株)阪神調剤薬局(現I&H株式会社)と業務提携
  • 2013年5月
    • (株)ファミリーマートと業務提携
  • 2013年11月
    • (株)ファーマホールディングが(株)トータル・メディカルサービスの株式を株式公開買付けにより取得し子会社化
  • 2015年6月
    • 薬樹(株)と業務提携
  • 2016年5月
    • (株)ファーマホールディングが(株)ひまわり看護ステーションの株式を100%取得し、訪問看護事業を開始
  • 2017年6月
    • (株)コムファが(株)なの花北海道に商号変更
  • 2017年10月
    • (株)サンメディックが(株)なの花東日本に、(株)シー・アール・メディカルが(株)なの花中部に商号変更
  • 2017年10月
    • (株)ファーマホールディングを吸収合併
  • 2018年1月
    • (株)アポテックの株式を100%取得し子会社化
      (株)ポラリスと業務提携
  • 2018年6月
    • (株)フェルゼンファーマが後発医薬品の販売を開始
  • 2019年1月
    • (株)永冨調剤薬局の株式を100%取得し子会社化
  • 2019年4月
    • (株)アポテックが(株)なの花東北に、(株)共栄ファーマシーが(株)なの花西日本に商号変更
  • 2020年2月
    • (株)H&Mを解散し、I&H(株)との業務提携を終了
  • 2020年10月
    • (株)オプトと合弁会社(株)ファーマシフトを設立
  • 2021年7月
    • 株式会社ひまわり看護ステーションを吸収合併
  • 2023年11月
    • 株式会社ファーマシフトを完全子会社化
  • 2024年4月
    • (株)メディロジネットを設立

働き方データ

  • 平均勤続勤務年数
    平均勤続勤務年数
    • 6.4
    2022年度
  • 月平均所定外労働時間(前年度実績)
    月平均所定外労働時間(前年度実績)
    • 8時間
    2022年度
  • 平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    平均有給休暇取得日数(前年度実績)
    • 11.3
    2022年度
  • 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)
    -年度 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(男性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(女性) 前年度の育児休業対象者数・取得者数(男女別)(合計)
    対象者 - - -
    取得者 - - -
  • 前年度の育児休業取得率(男女別)
    -年度

    男性

    -%

    女性

    -%
  • 役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
    • -%
      (-名中-名)
    • -年度

社内制度

研修制度 制度あり
新人研修(集合・OJT)、フォローアップ研修(1~4年目薬剤師)、新人教育共通プログラム(慢性腎臓病、糖尿病)、管理薬剤師研修(関連法規、リスクマネジメント)、薬局長研修(マネジメント研修、メンタルヘルス)、ブロック長研修(実践的マネジメント強化研修)、接遇研修、病院研修、PP制度(外部資格取得支援 ※現CPサポート制度)、なの花フォーラム(社内学会)、なの花アカデミー(臨床研究)等

《各社共通》
自己啓発支援制度 制度あり
■薬剤師向け 『e-ラーニング』 のアカウントを無料付与 ※1
なの花薬局では、薬剤師の能力向上を促進しています。
かかりつけ薬剤師となるための「研修認定薬剤師」の取得や、薬剤師生涯研修のバックアップを目的として、「e-ラーニング」のアカウントが無料で付与されます。
全1,000講座以上あるので興味のある分野を選択して学ぶことができ、通勤時間やちょっとした空き時間を使って効率よく、自分のペースでスキルアップを行うことが可能となっています。
※1:1年目は完全無料。2年目以降は必要単位を取得した方は無料
メンター制度 制度あり
当社では新入社員のOJT研修で「屋根瓦方式」を採用しています。「屋根瓦方式」とは若手社員が新入社員に業務を教えることでお互いに成長できるような教育方法のため、指導薬剤師をあえて若手社員にしています。
もちろん配属された店舗や指導薬剤師によって成長の偏りが出ないように、指導薬剤師、新入社員双方にマニュアルを作成してしっかり学べる環境は整えていますしおり、事前に指導薬剤師向けの研修も実施しております。
年齢も近いので指導薬剤師側も新入社員が悩むポイントを共感した上で教育ができ、新入社員側も相談しやすい風土をつくっています。
キャリアコンサルティング制度 制度あり
■キャリアシート、申告シート
1年に2回、将来的なビジョンややりたいこと、もしくは悩み事について提出できる機会を設けています。ただ、薬局長やブロック長などの上司には伝えづらい内容もあるかもしれないので、直接本部まで送ってもらうような仕組みにしています。
シートの内容を元に、働きやすい環境で着実になりたい薬剤師像を目指せるようできる限りサポートします。

■社内公募制度
なの花薬局では、キャリアの広がりを推進するため社内公募制度を設けています。これまでに、本社、各エリア事業所内にある部門、、教育研修部門、学術部門、人材開発部門、採用部門、店舗開発部門、薬局運営部門の他、グループ会社のLINEアプリの開発事業、ジェネリックメーカーなどの部門・部署で募集が実施され、新たな活躍の場に身を置いている者も多くいます。

社内検定制度 制度あり
「まちのあかり」を目指して

“全国全店舗に「まちのあかり」を実践できる人材を育てる”
これが、なの花薬局の教育研修の根底にある考え方です。
教育の地域差をなくし、ダイバーシティー(多様性)&インクルージョン(包括)の考え方を取り入れ、個々の能力を伸ばす成長機会を多様に提供すること、そして年代やポジションに関係なく互いの能力を活かし合うことを目指すのものとなっています。

<1~4年目までのステップ>
・新人研修
 社会人・医療人としての第一歩を踏み出すための初期研修
・OJT研修(店舗配属から1年間)
 OJTトレーナーがマンツーマンで指導してくれるので、困ったときにすぐに質問や
相談が出来る環境をつくり安心して業務にあたることが出来ます
・ポートフォリオ
自身が対応した事例について、トレーナーとのディスカッションを通して振り返りと
深掘りをすることで、問題解決力の向上と気づきをうながします。また、規定された
特定領域について学びを深め、年2回その学習成果を提出してもらい、優秀な事例に
ついては社内表彰もしています。
・フォローアップ研修

・個人面談
 OJTの進捗確認に加え、職場の人間関係や業務などに関してのフォローと精神面も
含めたサポートを目的として、各エリアの教育担当者が面談をしています。

<その他にも>
・管理薬剤師研修(関連法規、リスクマネジメント)
・薬局長研修(マネジメント研修、メンタルヘルス)
・ブロック長研修(実践的マネジメント強化研修)
・接遇研修
・病院研修
・なの花フォーラム(社内学会)
他多数

採用実績

  • 過去3年間の新卒採用者数(男女別)
    過去3年間の新卒採用者数(男性) 過去3年間の新卒採用者数(女性) 過去3年間の新卒採用者数(合計)
    2023年 28 81 109
    2022年 27 64 91
    2021年 43 76 119
  • 過去3年間の新卒採用者数・
    離職者数・定着率
    採用者 離職者 定着率
    - - - -%
    - - - -%
    - - - -%

前年度の採用実績

前年度の採用実績(学校)

<大学>
青森大学、奥羽大学、大阪薬科大学、岡山大学、金沢大学、北里大学、九州大学、九州保健福祉大学、京都薬科大学、近畿大学、金城学院大学、岐阜薬科大学、熊本大学、慶應義塾大学、神戸学院大学、神戸薬科大学、静岡県立大学、就実大学、昭和大学、昭和薬科大学、城西大学、城西国際大学、鈴鹿医療科学大学、摂南大学、第一薬科大学、千葉大学、千葉科学大学、帝京大学、帝京平成大学、東京薬科大学、東京理科大学、東邦大学、東北大学、徳島大学、徳島文理大学、富山大学、同志社女子大学、長崎大学、名古屋市立大学、新潟薬科大学、日本大学、広島大学、広島国際大学、福岡大学、福山大学、北陸大学、星薬科大学、北海道大学、北海道医療大学、武庫川女子大学、武蔵野大学、明治薬科大学、名城大学、横浜薬科大学

前年度の採用実績(人数)      2019年  2020年  2021年  2022年  2023年
--------------------------------------------------------------------------
女性    79名    79名    76名    64名    81名
男性    30名    37名    43名    27名    28名

※グループ計/薬剤師
前年度の採用実績(学部・学科) 薬学部

会社概要に記載されている内容はマイナビ2025に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2026年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

メディカルシステムネットワークグループ【なの花薬局】と業種や本社が同じ企業を探す。
メディカルシステムネットワークグループ【なの花薬局】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

トップへ

  1. トップ
  2. メディカルシステムネットワークグループ【なの花薬局】の会社概要