最終更新日:2024/7/11

ゼオンノース(株)【日本ゼオングループ】

業種

  • 設備工事・設備設計
  • プラント・エンジニアリング
  • 環境・リサイクル

基本情報

本社
富山県
PHOTO
  • 10年目以内
  • 機械系
  • 技術・研究系

人と話すのが好き。自分なりの「工事哲学」をつくりたい。

  • T.Sさん
  • 2017年入社
  • 金沢工業大学
  • 工学部 機械工学科 卒業
  • オーナーズ事業部 エンジ部 高岡エンジ課
  • プラント工事の現場監督

就職活動について

選考を受けた主な業界
  • 食品
  • プラント・エンジニアリング・環境

会社・仕事について

ワークスタイル
  • 多くの人と接する仕事
  • チームワークを活かす仕事
  • 資格・専門能力が身につく仕事
現在の仕事
  • 部署名オーナーズ事業部 エンジ部 高岡エンジ課

  • 勤務地富山県

  • 仕事内容プラント工事の現場監督

現在の仕事内容

私のセクションでは、日本ゼオンのいろいろな工場を担当しています。化学工場の新設、改修、メンテナンスなどが主な仕事です。配管工事、生産機械の据え付けや移設、そのための土木工事など様々。お客様である日本ゼオンから出された仕様書をもとに、自分で工事の設計、段取り、手配、現場監督を行います。


印象に残っている仕事は?

岡山県にある日本ゼオン水島工場にて、大きなエリアの管理を任せられたことです。2か月に及ぶ長期工事だったので自分の指示や考えが上手くいったこと、いかなかったことを含め多くの経験が出来ました。その経験が今では大きな自信となっています。


この会社に決めた理由

就活のときには、漠然と「地元の富山で工業系の仕事ができれば」と考えていました。飲料メーカー、建築資材メーカーなどにもエントリーしていました。そんな中、合同説明会でゼオンノースを知り「雰囲気がいいな」と興味を持ったのです。もともと人と話すのが好きだったので、現場監督の仕事が向いているかもしれないと思いました。たくさんの人と力を合わせて仕事するのって、いいなぁと惹かれました。


入社後の感想は?

入社後は希望通りに施工管理の仕事に就いています。ただ、最初現場に出たときは「え?」となりました。工事をしてくれる協力会社の職人さんたちはほぼ全員年上。けどすぐに慣れます。皆さん優しく、時に楽しく仕事を教えてくれます。今でも学ぶことが多いです。


当面の目標

先輩たちは皆さん、それぞれこだわりを持っていて、一人ひとり独自のやり方で現場をプロデュースしています。私も自分なりの「工事哲学」を打ち立てたいなと思っています。


会社概要に記載されている内容はマイナビ2025に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2026年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

トップへ

  1. トップ
  2. ゼオンノース(株)【日本ゼオングループ】の先輩情報